エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[にぎわいイベント]全55競技を2020年までに体験する場、東京2020競技体験プロジェクト。ららぽーと豊洲で第1弾開催

東京2020競技体験プロジェクト

2018年8月16日(木)~8月19日(日) ~2年後に迫る東京2020大会の空気を、ひと足はやくお届けします!~三井不動産株式会社(所在地:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、東京2020組織委員会と共催して東京2020競技体験イベント「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~ with 三井不動産」を2018年8月16日(木)から8月19日(日)まで、三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲にて開催します。
本イベントは、東京2020組織委員会が主催し、東京2020大会の全55競技を、2020年までに体験する場をお届けする、東京2020競技体験プロジェクト「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」の第1弾となります。東京2020大会で行われる競技やアスリートを知り、より身近に感じていただけるよう、アスリートによるパフォーマンスと指導が行われる競技体験ステージのほか、施設屋内外の最大9箇所に競技体験ブースや競技体験コンテンツを設置します。今回のイベントでは、東京2020大会で行われる全55競技中、21競技(オリンピック競技:13競技/パラリンピック競技:8競技)を体験いただけます。
当社は、イベント開催初日の8月16日(木)にロンドン2012オリンピック卓球女子団体の銀メダリスト 平野早矢香さんを講師に迎え、「第14回 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020~卓球アカデミー」を開催します。また、全期間中、スポーツクライミング体験ブースを出展します。
当社は、東京2020大会の「ゴールド街づくりパートナー」として、多くの方に東京2020オリンピック・パラリンピックを体感いただける場を設け、2020年に向けた機運を一層高めることで、東京2020大会の成功に貢献してまいります。

■開催概要
イベント名:東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~ with 三井不動産
開催日時: 2018年8月16日(木)~19日(日)11:00~17:45
※荒天時(雨天・強風の場合)は、屋外ブースは中止
※8月16日(木)はオープニングセレモニーのため、12時頃オープン
開催場所: 三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲
(所在地:東京都江東区豊洲2-4-9)
開催内容: 競技体験ステージ、競技体験ブースなど
主 催 : 東京2020組織委員会
共 催 : 三井不動産株式会社
後 援 : スポーツ庁、東京都、日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会
協 力 : 東京2020大会マーケティングパートナー各社、競技団体
特設サイト:https://tokyo2020.org/jp/special/lets55/

「Let’s55 with 三井不動産 競技体験ステージ」詳細

オリンピック競技9競技とパラリンピック競技3競技を開催いたします。各ステージにて、アスリートによるパフォーマンスと、指導による競技体験をお楽しみいただけます。また、イベント開催初日は、ゲストアスリートや東京2020マスコットも登場するオープニングセレモニーを開催します。
場所:シーサイドデッキ ステージエリア
<オープニングセレモニーについて>
・日 時:2018年8月16日(木)10:30~11:00・登壇者:
室伏 広治  東京2020組織委員会スポーツディレクター
平野 早矢香 卓球/ロンドン2012大会
大場 美和  スポーツクライミング
渡邊 剛   パラ卓球
東京2020マスコット(ミライトワ・ソメイティ)

・内 容:
(1)主催者挨拶
(2)クライミングデモンストレーション
(3)オリ・パラ卓球対決
(4)フォトセッション

✓ オープニングセレモニーは、一般の方にもご参加いただけます。
✓ オープニングセレモニーのご取材については、報道関係者向けに別途取材案内をお送りさせていただきます。

【登壇者コメント】

■室伏 広治 東京2020組織委員会スポーツディレクター コメント
8月16日(木)、東京2020競技体験プロジェクト「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」が始まります。本プロジェクトは、競技体験イベントや参画プログラム認証を通じてスポーツを体験する機会の拡大を日本全国に呼び掛けるプロジェクトです。大会を機に日本中にスポーツを「する・観る・支える」人を増やし、大会後も日本の人と社会の中に残るレガシーを作り出すことと、大会時のフルスタジアムの実現を目指します。これまで体験したことの無い競技に触れることでルールを理解したり、競技の魅力を実感してもらえればと思います。どんどん新しい競技にチャレンジしてみてください。

■平野 早矢香 卓球/ロンドン2012大会 コメント
東京2020大会に向けて、皆さんが色んな競技を体験できる機会が増えることを大変嬉しく思います。これを機により多くの人がスポーツを好きになり、東京2020大会にボランティアや観客といった様々な形で参加してオリンピック・パラリンピックに触れてもらいたいです。
自分がこれまでやってきた競技だけでなく、ぜひたくさんの競技を体験してみてください。私も当日は車いすに乗って卓球にチャレンジします。皆さんもこのイベントで今まで知らなかった競技と出会い、チャレンジすることで競技の魅力を感じてみてください。

■大場 美和 スポーツクライミング コメント
この度は、「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」に参加でき、非常にうれしく思っています。ここ「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」では、東京2020大会で行われる様々な競技をブースで体験できます。今プロクライマーとして活動している私ですが、6歳から9歳まで体操競技に取り組み、この機会に久々にやってみたいと思います。また、競技経験は無いですがアーチェリーやスケートボードには以前よりとても興味があり、この度是非挑戦してみたいと思っております。皆さまもこの機会に東京2020オリンピック・パラリンピックで行われる競技を是非体験してみてください。

■渡邊 剛 パラ卓球 コメント
「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」をキッカケに様々な競技に触れて頂き、ご自分のお気に入りのパラリンピック競技を見つけてもらえたら嬉しいです。それぞれの競技においての車いす操作の難しさや、アイマスクをした状態でサッカーをするブラサカの難しさなど、実体験することによって、パラアスリートの凄さやパラスポーツの面白さを肌で感じて頂けるはずです。
是非、この機会にステージイベントやブースを回って少しでも多くのパラリンピック競技の魅力を感じていただき、2020年の東京パラリンピック大会で一人でも多くのみなさんに楽しく応援して頂けると嬉しいです。

「Let’s55 with 三井不動産 競技体験ブース」詳細

パートナー企業各社や関係団体による競技体験ブースや競技体験コンテンツを、三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲の屋内外に毎日最大9箇所設置。4日間を通じて11競技を各ブースにて体験していただけます。イベント開催初日の8月16日(木)にはロンドン2012オリンピック卓球女子団体の銀メダリスト 平野早矢香さんを講師に迎え、「第14回 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020~卓球アカデミー」(※)をEエリア(センターポート)にて実施します。
また、8月16日(木)~19日(日)の4日間、Aエリア(シーサイドデッキ)にてスポーツクライミング体験ブースをご用意しました。ぜひご体験ください。

スタンプラリーについて

イベント中、競技体験ステージプログラムで1つ、競技体験ブースで3つのプログラムにご参加いただき、合計4つのスタンプを集めた先着100名の方にスペシャルグッズをご用意しています。

三井不動産の「スポーツの力」を活用した街づくりの考え方

スポーツには「する」「観る」「支える」などの活動を通じて、暮らす人々や働く人々、憩う人々の心身を健康にするだけでなく、新しいつながりを生みだし、コミュニティを活性化する力があります。当社は、スポーツを経年優化の魅力的な街をつくる上で重要な要素と捉え、「スポーツの力」を活用した街づくりを推進していきます。
また、当社は東京2020ゴールド街づくりパートナーとして、「BE THE CHANGE さぁ、街から世界を変えよう。」というスローガンを掲げ、「発信する」「つなぐ」「受け入れる」というテーマのもと、自らが変化となり、街づくりを起点に、人や地域や社会にいい変化をつくりだし、変えていくことを目指していきます。

三井不動産の2020年に向けたスローガン

一人ひとりが変化そのものになろうという意味の「BE THE CHANGE」のロゴは、世界を変える「風」をモチーフにデザインされました。三井不動産のコーポレートカラーの二色で塗り分けられたエレメントは、「風に乗って飛び立つ鳥」をイメージしています。2020年とその先に向けて「人が変われば、世界は変わる」という思いから、掲げたスローガンです。

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top