エリマネポータル

エリアマネジメントの最新情報をお届け!

エリアマネジメントとは

近年、大都市の都心部、地方都市の商業地、郊外の住宅地など、全国各地でエリアマネジメントの取組みが実践されています。 国土交通省が発行するエリアマネジメント推進マニュアル(2008年)では、「地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取り組み」と定義されています。また、内閣官房・内閣府の地方創生Webサイトでは「特定のエリアを単位に、民間が主体となって、まちづくりや地域経営(マネジメント)を積極的に行おうという取組み」と記されています。

いずれの立場においても、官ではなく民の主導により、幅広い問題解決やまちの活性化と改善に加えて、人をひきつけるエリアブランド力形成を目指す取り組みのことであり、これまでのハード主体のまちづくりから、イベントや情報発信などのソフト主体の活動を主軸として積極的に行おうという取り組みのことです。

エリマネポータルが定義する『エリアマネジメント』

  • 一定のエリア内の多様な利害関係者が主体となって、にぎわいづくりや課題解決を行う
  • 専門の体制により、横断的・総合的に調整しながらエリアの運営を継続的に行う
  • 目的が集客や販売促進ではなく、地域のブランド力向上やイメージアップなどの価値向上にある

エリアマネジメントキーワードとは

「エリマネポータル」ではエリアマネジメントを実施する上で必要なキーワードを独自に9つ定め、このキーワードにそって記事を作成しています。

【Keyword1】 交流性
コミュニティ活動を高める要素があるか

【Keyword2】 自発性
個人による情報発信または魅力を高める努力があるか

【Keyword3】 定着性
まちに長くとどまる要素があるか

【Keyword4】 独自性
他エリアと差別化できる特有のコンテンツがあり、活用されているか

【Keyword5】 発信性
エリア情報が内外で知られる仕組みがあるか

【Keyword6】 多様性
新たなポテンシャルが生まれる可能性があるか

【Keyword7】人材性
エリア内に活気を生む人やコミュニティがあるか

【Keyword8】財源性
対象エリアが稼げるポテンシャルがあるか

【Keyword9】継続性
単発に終わらない活動や仕組みがあるか

0
Return Top