エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

VR技術を用いて実寸大・立体視で体感し支援する等身大立体投影装置「汐留サイバードーム」を18年ぶりにリニューアル

VRによる都市

VRによる都市パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、都市や建築の計画検討用VR(バーチャルリアリティ)の等身大立体投影装置として活用してきた「汐留サイバードーム」(所在地:東京都港区東新橋1-5-1)を2021年5月21日にリニューアルオープンします。

パナソニックのVR事業は1990年システムキッチンの設計段階で使い勝手を確認するために公開したVRシステムから始まり、その後30年間にわたり将来のさまざまな空間設計に応用できるVR技術を開発してきました。そして建築計画や都市インフラ整備、市街地再開発事業などのまちづくりにおいて、行政や設計者、コンサルタント、地域住民における合意形成を促す手法としてVRを用いたプロジェクト推進支援を行ってきました。

2003年にオープンした「汐留サイバードーム」は、VR投影装置として多くのまちづくりで活用されてきました。幅8.5 m、高さ7.5 mの半球状の大型スクリーン内に利用者が入り、プロジェクターによる映像投影により、仮想空間の中に入り込んだ没入感のある顧客体験を実現しています。約20名(※1)まで同時に閲覧することが可能なため、多人数の顧客が同じ仮想空間の中で同じ映像を見ながら協議できることで合意形成を支援します。

今回、これまでのランプ光源のプロジェクター18台から、レーザー光源のプロジェクター9台に入れ替え、投影面の均一性が高いスクリーンに変更しました。以前に比べ1.5倍の解像度、輝度を実現し、経年による明るさの欠損を抑えます。また投影システムの入れ替えにより、VRコンテンツだけでなく、4K・8Kの高解像度な2D・3Dの360゜映像、パノラマ静止画像を投影することができます。

当施設はVRを活用し、2000年以降1,700件以上のまちづくり・建築計画を支援してきました。今後は観光・エンターテイメント分野での活用も視野に入れながら、オフィスやスポーツ、商業施設の空間設計コンサルティグや、運営状況の可視化、運用時の課題解決、改修計画検討など運営コンサルティングへの活用で幅広いビジネス展開を目指していきます。

当施設はこれからもお客様の課題解決に対するソリューションとなるよう機能拡充を図っていきます。

※1:新型コロナ対策により、当面5名以下での活用にて運営していきます

<特長>
1. プロジェクターとスクリーンを入れ替え、大型投影装置にさらなる没入感を実現
2. 計画から運営までコンサルティングビジネスのツールとして活用

【お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付9:00~18:00)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] VR技術を用いて実寸大・立体視で体感し支援する等身大立体投影装置「汐留サイバードーム」を18年ぶりにリニューアル(2021年5月19日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/05/jn210519-2/jn210519-2.html

<関連情報>
・パナソニック 環境計画支援VR
https://www2.panasonic.biz/ls/lighting/vr/
・パナソニック 汐留サイバードーム
https://www2.panasonic.biz/ls/lighting/vr/dome/
・パナソニック 汐留サイバードーム リニューアル
https://channel.panasonic.com/jp/contents/32918/

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top