エリマネポータル

エリアマネジメントの最新情報をお届け!

日の出ふ頭エリアマネジメント始動により、湾岸エリアのまちづくり競争激化!

2018年5月22日にリリース配信された「(仮称)日の出ふ頭小型船ターミナル整備計画」は野村不動産とNREG東芝不動産会社による芝浦一丁目計画の関連事業として、日の出エリアにおける賑わい創出や舟運活性化、計画イメージパースや具体的な取り組み、方針などを下記の通り発表しました。

  本計画は、東京港・日の出エリアにおける賑わい創出と舟運活性化を目的としており、東京都港湾局が所有する日の出ふ頭の一部で用地使用許可を受け、建物と広場を整備し、運営を行うものです。
本計画では、船客の待合所、飲食機能を導入した施設、海辺のテラス席の設置や、イベント開催に使える芝生広場などの整備を予定しております。飲食店の運営には、株式会社バルニバービおよび株式会社スター・メイカー・ジャパンの2社を迎えます。また、現在閉鎖されている竹芝・日の出間の管理用橋梁について、美装改修の上ライトアップを行うほか、竹芝・日の出間の一部信号・横断歩道を本計画の入口付近に移設することで、アクセス性を改善し、回遊性を強化することで、エリアの価値向上を図ってまいります。


引用:PRTIMES

徐々に広がるエリア間競争

湾岸エリアにおいて、品川シーズンテラスエリアマネジメントや竹芝地区エリアマネジメントなどは既に始動しており、各エリアで賑わいを生み出しています。さらには品川新駅も2020年に暫定開業を目指して工事が進んでいます。品川・竹芝・芝浦を含むこのエリアだけでも複数のエリマネ団体、活動が増えており、より魅力のあるエリア・まちづくりの競争が始まっています。

写真引用:品川シーズンテラス 品川シーズンテラスエリアマネジメント活動として、野外上映会を開催

日の出ふ頭エリアにおける賑わい創出の取り組み

(仮称)日の出ふ頭小型船ターミナル整備計画では人々がにぎわいを生み出すハードやソフトの導入などの仕掛けを施す予定で、例えば飲食機能を導入した施設、海辺のテラス席やイベント開催に利用する芝生広場など、着々と準備を始めているようです。

ライゾマティクス齋藤精一氏らによる企画アドバイザーに氏名

日本のトップクリエイター齋藤精一氏や小橋賢児氏に、まちの魅力やコンテンツを最大化させようとする動きが見られそうです。水辺空間、舟運活用、イベント、様々な要素がミックスして、まったく新しいまちづくりの事例が生まれようとしています。

松町エリア地区連携に向けた活動について

(仮称)芝浦一丁目計画では、芝浦・浜松町エリアの認知度を高めるために、浜松町駅周辺において大規模開発を推進している他の地区と協調し各地区が連携した活動を行うことを目標にしています。本計画を当該活動が展開していくための舞台としても活用し、「広場を活用したイベントの積極展開」「企画アドバイザーへの若手クリエイター起用」「新たな共創プラットフォームの活用」を柱としてエリア内の回遊性強化、海辺への集客、賑わい創出を図ってまいります。

しかし今後は魅力や特性をもつ、近しいエリア同士がタッグを組み、さらなる大きなにぎわいづくりの可能性や他エリアとの競争も考えれるかもしれません。この開発などを機にぜひ湾岸エリアに足を運んで新たな魅力を感じてみてください。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top