エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

Catalu JAPANが川崎市の木材利用促進フォーラム事業の一環として、体験型ECを活用した木材利用促進・普及啓発の取組みを実施する

▼ 取組概要
川崎市内のサービス業や飲食店の店舗に全国各地の木工製品を展示し、店舗に訪れた方がその場で木工製品を見て、触れる機会を創出する取り組みを実施する。全国各地の木工製品を実際に手に取っていただくことで、木工品の香りや色合い、触り心地などの魅力や良さを体験してもらう。製品が気に入れば、その場で製品を購入することも可能。地元の木材を利用した木工品を製造する木業者と木材利用促進に力を入れている川崎市内の店舗を(※)体験型ECプラットフォーム「カタルスペース」を通して結びづける。川崎市内の店舗に展示する木工製品は愛媛県や宮崎県などの木工製品のメーカーが産地のこだわりの木材を使用した製品となっている。川崎市内で全国各地の木工製品に気軽に触れられる場を作り、木工製品の魅力を伝えていく。

▼ 実施背景・目的
これまで復興税として徴収されていた税金が森林環境税と名目が変わって徴収、全国の自治体への剰与が開始される。まだ自治体内での利用用途が明確に決まっていないケースも多い中、先進的な事例「川崎市モデル」を創出するため、実験的な取り組みを開始。川上自治体と呼ばれる「森林や木工品の生産地」の木工品の販路開拓を望むメーカーと川下自治体と呼ばれる「木材や木工品の消費地(都市部)」の店舗をマッチングする。店舗側では在庫不要で木工品の取り扱いが行えるようになり、Win-Winの関係が実現できる。更に生活者に対して、普段の生活の中で、木々と自然に触れ合いができる機会を創出していくことで、木工製品の普及や利用促進を図ることも目的とする。

▼実施概要
1. 実施期間
2021年5月10日~

2.展示店舗
川崎市内の店舗に順次展示開始予定。

▼第1弾 展示店舗
店舗名:音の教室 カリヨン
住所:〒213-0013 神奈川県川崎市高津区末長1丁目15−19
◇音の教室 カリヨン様では製品を展示するだけではなく、レッスンなどで実際に木工製品を利用していただきながら木工品との触れ合いの場を作っていただいています。
https://ameblo.jp/carillon-lesson/entry-12670796766.html

3. 製品提供メーカー(一部)
・株式会社川上木材(宮崎県)
【杉のボール】

・Littlebranch(愛媛県)
【キノネ】

・株式会社トーア(宮崎県)
【スギコロ】

*実施店舗、メーカや製品は随時追加予定

4.実施機関
■株式会社Catalu JAPAN
代表者:代表取締役 吉本 正
所在地:東京都中央区新川1-3-2
HP:https://catalu.jp

■一般社団法人 CSV開発機構
理事長:赤池 学
所在地:東京都港区芝4-6-9
HP:http://csv-jp.org/

■川崎市 まちづくり総務部
所在地:川崎市川崎区宮本町1番地
HP:https://www.city.kawasaki.jp/

(※)体験型ECプラットフォーム「カタルスペース」
カタルスペースは『a.店舗と製品のマッチング機能』『 b.マッチングした製品の店舗でのネット販売機能』の大きく2つの機能を備えており、製造業者には店舗での販路獲得の機会を創出し、同時にサービスを提供する店舗には、コロナ禍に対応した店舗のOMO化の仕組みを実現する。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top