エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

築130年の古民家を改修した「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」11月14日開業関係者および地域の方々と共にオープニングレセプションを開催

熊本県甲佐町商店街に「地域とゆるやかにつながる縁側」をコンセプトとした古民家ホテルが開業

古民家再生による地域活性化を掲げる株式会社Drawing(所在地:熊本県甲佐町 代表取締役:米原賢一)は、甲佐町のまちづくりを手がける一般社団法人パレット(所在地:熊本県甲佐町 代表理事 大滝祐輔)との共同事業として熊本県甲佐町に築130年の旧松永邸を改修した古民家ホテル「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」(以下、当施設)を本日11月14日(土)開業しました。開業に先駆け、11月13日(金)にメディア及び関係者向け内覧会・オープニングレセプションを開催いたしました。本レセプションは、木村敬副知事、奥名克美町長をはじめ多くの方々にご参加いただき、本日より開業する「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」の門出を共に祝福しました。

左から、甲佐町町長 奥名克美氏、熊本県副知事 木村敬氏、株式会社Drawing代表取締役 米原賢一、谷田病院院長 谷田理一郎氏、商工会会長 中村幸男氏、肥後銀行甲佐支店支店長 西本大志氏、熊本県議会議員 増永慎一郎氏、一般社団法人パレット代表理事 大滝祐輔

左から、甲佐町町長 奥名克美氏、熊本県副知事 木村敬氏、株式会社Drawing代表取締役 米原賢一、谷田病院院長 谷田理一郎氏、商工会会長 中村幸男氏、肥後銀行甲佐支店支店長 西本大志氏、熊本県議会議員 増永慎一郎氏、一般社団法人パレット代表理事 大滝祐輔

11月14日にグランドオープンした「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」

11月14日にグランドオープンした「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」
株式会社Drawing代表取締役 米原賢一は「来た人がまた訪れたい、またあの人に会いに行きたいという宿泊施設になっていければと思います」とコメントを述べ、運営を担う一般社団法人パレット代表理事 大滝祐輔氏は「甲佐町に足を運んでもらえる場所を作っていきたいとずっと思っていた。地域全体が盛り上がっていけたらと思っています」とそれぞれ力強く意気込みを述べました。

「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」の事業説明を行う一般社団法人パレットの大滝祐輔代表理事(左)、株式会社Drawingの米原賢一代表取締役(右)

「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」の事業説明を行う一般社団法人パレットの大滝祐輔代表理事(左)、株式会社Drawingの米原賢一代表取締役(右)

運営を担う一般社団法人パレット理事5名による餅まきの様子

運営を担う一般社団法人パレット理事5名による餅まきの様子また、14日の開業と同時に地域と繋がる特別なパス「KOSA PASS with NIPPONIA」の提供も本格始動しました。当施設では、「KOSA PASS with NIPPONIA」を宿泊者の皆様にご用意しており、パスを甲佐町商店街の連携店舗に見せるとお店からおまけがもらうことができます。商店街の入り口にある当施設の特徴を生かし、地域回遊を楽しんでもらいたいという想いを込めました。ぜひ、ご宿泊の際にはご利用ください。

KOSA PASS with NIPPONIAを連携店舗で見せると、各店舗からおまけがもらえる

KOSA PASS with NIPPONIAを連携店舗で見せると、各店舗からおまけがもらえる
今後も、地域の方々や一般社団法人パレットをはじめとした地域団体、企業、官公庁などと連携を取りながら、甲佐町を訪れてくださる方々に“甲佐町の日常”のひとときを楽しんでもらい、滞在するお客様が地域の方々とのゆるやかな交流を楽しめるきっかけをご提供してまいります。

【施設概要『NIPPONIA 甲佐 疏水の郷』】
■所在地:
熊本県上益城郡甲佐町大字岩下字東園82番
■アクセス:
九州自動車道・御船ICより車で約15分
熊本空港より車で約30分
熊本市内から車で約30分
熊本市内よりバスで約60分(桜町バスターミナル〜バス停「甲佐」から徒歩1分)
■電話番号:096-234-8871 (9:00~18:00)
■施設構成:2棟3室(トイレ・バスルームあり)
客室名 質:77.19平米、大人3名定員
客室名 煙:73.35平米、大人3名定員
客室名 継:53.38平米、大人3名定員
小学生以下のお子様連れの場合、大人2名、子供2名まで可。
■ご予約:
一休.com:https://www.ikyu.com/vacation/00051115/
公式サイトは順次公開予定。

●NIPPONIA 甲佐 疏水の郷について
熊本県甲佐町の商店街入り口のたばこ屋だった築130年超の「旧松永邸」を改修した古民家ホテル。「地域とゆるやかにつながる縁側(えんがわ)」をコンセプトとして、滞在するお客様が地域の方々とのゆるやかな交流を楽しめるきっかけを提供。甲佐町には、かつて熊本城城主・加藤清正が治水のために造った水路が町中に張り巡らされており、「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」という名前にも、水とともに生きてきた町の歴史を尊重しながら、ここに新たな歴史を積み重ねていく、という意味が込められている。※疏水:灌漑や舟運のために新たに土地を切り拓いて水路をつくり通水させること。
●株式会社Drawingについて
甲佐町に新たな滞在施設を開発・運営するために、一般社団法人パレットのグループ会社である株式会社PALETTE、歴史文化資源を活用した古民家再生事業等のまちづくり事業を手掛ける株式会社NOTE九州の2社で出資・設立した会社。2019年10月設立。
●一般社団法人パレットについて
甲佐町の交流人口増加による地域経済の循環を通した持続可能なまちづくりや、スポーツや文化活動を行う交流の場の形成を通した健康増進などを通して、すべての町民がしあわせを感じられるような地域づくりを推進することを目的とし、2018年4月に設立。現在、キャンプ場をリニューアルしたグランピング施設、町の交流施設の運営主体を担う。https://palette-kosa.com
●NIPPONIAについて
「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる。」という理念のもと、一般社団法人ノオト/株式会社NOTEが主導し、全国各地に点在し消えつつある古⺠家を起点に、地域の営み・⽣活・⽂化などを丁寧に掬い取り、⼼を込めて養い、新しくも懐かしい郷として再⽣する取り組み。
公式サイト:https://team.nipponia.or.jp/about/

本プレスリリースは、下記リンク先からダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d65226-20201114-2637.pdf

【「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」施設写真】

<これまでのプレスリリース>
持続可能な地域づくりを支え、まちの日常を味わう旅を。「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」2020年11月14日(土)グランドオープン https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000065226.html
地域に根ざした古民家ホテル「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」開業 11月13日(金)オープニングレセプション開催 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000065226.html

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top