エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[エリア開発]三井不動産がロンドンでまちづくり、BBCのスタジオをシネマやレストランなどのミクストユースの複合施設へ

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、取締役社長 小野沢英一郎)」を通じて2015年11月より開発を進めてきた、ロンドンの「テレビジョンセンター再開発計画(第1期)」が2018年11月に竣工しましたのでお知らせします。

本再開発計画は、ロンドン市ウエストエンドから西に約6kmに位置し、同エリアは、インペリアルカレッジの新キャンパスや大型ショッピングセンター「ウエストフィールド」の開発なども進む、ロンドンを代表する再開発エリアのひとつです。当社グループは2012年7月に英国公共放送局のBBCから本土地・建物を取得し、開発を推進してきました。2015年6月に同BBCから取得した近接の「ホワイトシティプレイス再開発計画」を合わせた敷地面積(約1,338,000sf・約124,000m2)および計画総延床面積(約4,263,000sf・約396,000m2)は、ロンドンにおける日系企業の都市開発としては最大規模になります。

開発においては、BBCのスタジオ、オフィスなどとして利用されてきた建物を住宅、オフィス、ホテル、レストラン、シネマなどから構成されるミクストユースの複合施設へ生まれ変わらせました。BBC放送局の特徴的で多くの方に記憶されている建物全体の形状や一部ディテールを残しつつ建物デザインに取り入れ、BBC放送局というイギリスの遺産に新たな魅力・価値を創出しております。

再開発による街の魅力向上により、各施設の営業状況は大変好調で、分譲住宅の約9割が成約し、オフィスは満室稼働しており、またテナントであるソーホーハウスが運営するホテルも高稼働となっております。


「テレビジョンセンター再開発計画」全体パース

 
分譲住宅
 
ホテル/オフィス(2 Television Centre)

【三井不動産の海外戦略について】
当社グループは、グループ長期経営方針「VISION2025」にて「グローバルカンパニーへの進化」を掲げており、今後も海外事業の飛躍的な成長を目指しています。これまでに米国・英国の欧米諸国に加え、中国・台湾・東南アジアなどの国・地域で事業を展開しています。欧米エリアではオフィス・賃貸住宅など複数用途の開発事業に取り組んでいます。社会や経済の変化を捉え、英国では「ホワイトシティプレイス再開発計画」、米国では本年10月に竣工した「55ハドソンヤード」や2020年に竣工予定の「50ハドソンヤード」のようなトロフィー物件の開発も含め、今後も更なる事業拡大を目指しています。

 

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース(Digital PR Platform)
リリース日:2018/11/16

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top