エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

秋葉原の高架下「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」ホテル開業予定日の変更のお知らせ

○株式会社ジェイアール東日本都市開発は、秋葉原~御徒町駅間の高架下に新商業エリアとして「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」 の第一期開業を2019年12月に予定しておりますが、ホテルの開業予定日を当初予定の2019年12月6日(金)から12月12日(木)に変更し、商業施設と同日オープンとさせていただくこととなりました。

 ホテルでは当初予定日の開業を目指し準備を進めてまいりましたが、諸般の事情により、お客様を万全な状態でお迎えするため、開業予定日を変更することといたしました。
エリアは商業施設4棟、宿泊施設1棟からなり、商業施設は予定通り、2019年12月12日(木)に2棟の物販エリアをメインにオープンいたします。オーディオやカメラ、ホビー、クラフトジンの蒸溜所など新規出店、新業態ばかりの個性的な専門ショップと、秋葉原でロハスを感じる新感覚の高架下ホテルが集結します。
※以下、10月31日プレスリリースの日程変更版となります。

  • 計画概要

ジェイアール東日本都市開発では、秋葉原~御徒町駅間高架下の約160mの区間にて、商業施設4棟、宿泊施設1棟の開発を進めてまいりました。この度、5棟の当該エリアの総称を「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」(以下SEEKBASE)と決定し、あらたなモノ・コト・人に出会え、いつもワクワクが製造されているようなエリアを目指してまいります。第一期は、宿泊施設1棟、商業施設2棟の物販エリアをメインにオープンいたします。
2020年春には第二期オープンも予定しており、同駅間高架下にある既存施設、「2k540」「ちゃばら」等とも繋がり、連携することにより、一帯の「AKI-OKA」エリア※の賑わいの創出を目指します。

「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」とは
探求する(=SEEK)基地として、マニアックな探求に興味を持つ人たちが集まる場所、大人の基地になるよう名付けました。ここから新たなモノ、コト、出会いが生まれる(製造される)場所を目指すという意を込めています。
ロゴは直線的で無骨、重みを感じる構成で、見方によって「基盤の配線やコンテナ」のようなオブジェクトにも、「シーク」という文字にもみえるようなデザインで、秋葉原の実直で熱心なものづくりやヒトの魅力を表現しています。

  • 商業施設 概要

(1)コンセプト ~「未知のワクワクとスグレモノを探すことができる」専門ショップが大集結~
商業施設は、秋葉原の地で「日本の技術」に敬意を表し、その魅力を再び発信すべく、かつての電気街を意識した、こだわりある専門的で独特な世界観を目指します。倉庫や工場をデザインモチーフに無骨で飾らない建物の中には、秋葉原らしいプロダクトの商品の販売や中古買取、修理などの物販エリアと、食の技術を感じる飲食エリアを展開いたします。かつて秋葉原に足しげく通っていた人、自分だけのこだわりを見つけたい若者、日本が好きな訪日客の方々が、「未知のワクワクとスグレモノを探すことができる」ショップが集結します。 

(2)第一期オープン概要
第一期の商業施設では、2棟の物販エリア(「The Tools」エリア)をメインにオープンいたします。オーディオやレコード、カメラ、ホビーなど、新規出店、新業態ばかりの個性的な店舗が集まります。また飲食エリアの先行オープンとして、蒸溜所を併設したクラフトジンのお店もオープンいたします。
施設内のイベントスペースでは、専門ショップのPOP UPストアや好奇心が掻き立てられるトークイベント等、独自のイベントを展開していく予定です。

2020年春には、飲食エリア及び別棟の和太鼓教室「TAIKO-LAB」など、順次オープン致します。
(3)第一期オープンショップ

(4)開業イベント
「家電蒐集家 DESIGN UNDERGROUND主宰 松崎順一氏」によるラジカセの販売や、ワークショップ等のイベントを予定しております。松崎氏の懐かしさと新しさが共存する独特の世界観が楽しめます。
※イベント詳細はSEEKBASE公式HPに順次公開いたします。

  • 高架下の宿泊施設「UNDER RAILWAY HOTEL AKIHABARA」もオープン

年々宿泊需要が高まっている秋葉原で、高架下の宿泊施設をオープンいたします。多彩なホテルを運営し、訪日外国人向けのメディア、アプリなども運営する、株式会社IKIDANEを運営事業者として、国内観光客、訪日外国人および近隣ワーカー等をターゲットに、価格帯を抑えつつも居心地の良いホテルを展開いたします。
通常のダブルタイプに加え、大人数部屋を多数用意し、ファミリー層にも対応。多種多様な店舗やコンテンツがひしめく秋葉原でゆったりとした休息がとれるよう、コンセプトは「アーバン(都会の)ロハス」。観光や仕事で溜まった疲れをリセットするホテルです。
高架下という立地ながら、その空間を有効に活用した内装も特徴です。またホテルゲスト以外の方にもご利用いただけるカフェ&バーもホテル内に併設。都内の主要な観光地にすぐにアクセスが可能なJR秋葉原駅至近という好立地で、東京観光の「最前線基地」としてご利用頂けます。
「UNDER RAILWAY HOTEL AKIHABARA」では、「SEEKBASE」の他の店舗や、既存施設の「2k540」、「ちゃばら」等との連携なども実施していく予定です。

  • 全体概要

名称     SEEKBASE AKI-OKA MANUFAKUTURE(シークベース アキオカ マニュファクチュア)
所在地    東京都千代田区神田練塀町13-1、14-2、15-1ほか
JR山手線・京浜東北線 秋葉原駅・御徒町駅間高架下
JR秋葉原駅から約徒歩3分、JR御徒町駅から徒歩7分
開発規模  敷地面積 約4,000㎡/商業施設4棟、宿泊施設1棟
開発時期  2019年12月から順次開業
公式HP  http://www.jrtk.jp/seekbase/
公式ツイッター @Akiba_Underrail
開発会社  名称  :株式会社ジェイアール東日本都市開発
所在地:東京都渋谷区代々木2-2-2(JR東日本本社ビル13階)
設立  :1989年4月20日
資本金:14億5,000万円(株主:東日本旅客鉄道株式会社 100% )
代表者:出口 秀已

※第二期開業の詳細については、別途ご報告いたします。

※AKI-OKAエリアの開発について
  「AKI-OKA」とは、秋葉原~御徒町駅間を“歩きたくなる高架下”として、多くの皆さまにご利用いただけることを目的に名付けた愛称で、2010年に開業した「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を皮切りに、「ちゃばらAKI-OKA MARCHE」「御徒町らーめん横丁AKI-OKA GOURMET」などテーマを設けた開発を進めてまいりました。
今回の新たな施設のオープンにより、既存各施設との相互連携のもと更に充実した多様なサービスの提供により、多くの皆さまにご利用いただける、“歩きたくなる高架下”の完成を目指します。

「AKI-OKA」コンセプト
【まち+日本のスグレモノ】
秋葉原、御徒町。特徴ある2つの街をつなぐもの、「こだわり」。そのこだわりには日本ならではのスグレモノがたくさん詰まっている。日本全国、世界中から人々が集まる街だからこそ、何でもあるではなく、「ここだからこそ・この人だからこそ」のこだわりを楽しめる、日本のスグレモノのさんぽ道を目指す。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top