エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

「丸の内ラグビー神社」が丸ビルに登場

2019年8月20日(火)にラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願するべく、この度丸ビル外構部に「丸の内ラグビー神社」を建立いたします。三菱地所株式会社は、「丸の内15丁目PROJECT.」と題し、“アート” “ビジネス” “映画” といった多彩なテーマを通じてラグビーを楽しむ様々なコンテンツ展開を行って参りました。(公式サイト https://marunouchi15.com/)

2019年8月20日(火)にラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願するべく、この度丸ビル外構部に「丸の内 ラグビー神社」を建立いたします。当神社は、京都市鎮座の世界遺産「下鴨神社」*の境内にあり、ラグビーとゆかりの深い「雑太社(さわたしゃ)」の神様をお祀りし、ラグビーを通じて生まれる人と人とのつながり、そして新たな出会いを祈願。ラグビーボールの形に因んで「楕円のご縁」を結びます。また、ラグビーボールの型をした絵馬(300円)をMarunouchi Happ. Stand & Gallery(丸ビルから徒歩2分)にて販売いたします。

*世界遺産「下鴨神社」の境内には、ラグビーとゆかりの深い「雑太社(さわたしゃ)」がお祀りされています。「雑太社」の御祭神「神魂命(かんたまのみこと)」の「魂」が「玉」に通じることから球技上達の御利益があると伝えられています。また、明治43年には、同境内で旧制三高(現・京大)と慶應義塾の学生が関西で初めてラグビーを行ったことから、雑太社の横には「第一蹴の地」の石碑が建てられ、ラグビーの聖地となっています。

「丸の内ラグビー神社」概要
■設置期間:
2019年8月20日(火)~11月(予定) ※終日設置                    
■場  所:
丸ビル 外構部(丸の内仲通り側)
■特  徴:
芝生の上に建立される神社には、ラグビーポール型の鳥居、楕円型の鈴が設置されています。
お社の脇には絵馬掛けも設置されており、ラグビーボール型をした絵馬(有料)に願掛けができるようになっています。

【姿図】

【姿図】

【楕円鈴】※「雑太社」に設置している鈴と同じラグビーボール型の鈴を使用します。

【楕円鈴】※「雑太社」に設置している鈴と同じラグビーボール型の鈴を使用します。

【絵馬掛けイメージ】※実際の絵馬のデザインは異なります。

【絵馬掛けイメージ】※実際の絵馬のデザインは異なります。

Return Top