エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

三菱地所のラグビーコミュニティ『丸の内15丁目PROJECT.』 が、会員参加型の共創コンテンツ「15丁目のまちづくり」を開始

株式会社イーライフ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤原誠一郎、以下 イーライフ)が運営する「三菱地所のラグビーコミュニティ『丸の内15丁目PROJECT.』webサイト 」にて、会員参加型の共創コンテンツ「15丁目のまちづくり」がオープンいたしました。

「丸の内15丁目PROJECT.」は、三菱地所が「ラグビーの新しい魅力に出会える街」をコンセプトに作り上げた架空の街を舞台にしたラグビーコミュニティです。ラグビー好きな方からラグビーをこれから深く知っていく方を対象に、ラグビーにまつわる様々なコンテンツをお楽しみ頂けます。▼三菱地所のラグビーコミュニティ「丸の内15丁目」
https://marunouchi15.com

今回オープンする会員参加型の共創コンテンツ「15丁目のまちづくり」について

▼ 新コンテンツ「15丁目のまちづくり」
https://marunouchi15.com/content/machi

さまざまなラグビーファンの方達がONE TEAMとなって楽しめる同コミュニティならではの取組として、会員自身が面白いと感じる企画を投稿し、それをユーザーが投票でジャッジ。一定の投票数が集まったものは丸の内15丁目PROJECT.運営事務局にて検討を行い、最終的に選ばれた企画をユーザーと三菱地所株式会社が共にオンライン/オフラインの場で実現するというもの。名付けてONE TEAM CITY!

コミュニティ全体が「丸の内15丁目」という架空の街を表現しており、新設の「15丁目のまちづくり」も、建物がテーマ別に用意されるなど、三菱地所ならではの世界観も注目です。
オープン時は、丸の内で実際に楽しめるビールを会員が企画する”ビール工場”と、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬 俊朗氏を学長に迎え、レクチャー内容を会員が企画する”DAEN Univ.”の2テーマが設定されています。ぜひお楽しみ下さい。

三菱地所のラグビーコミュニティ「丸の内15丁目PROJECT.」概要

さまざまなラグビーファンの方達がONE TEAMとなって楽しめる、ラグビーコミュニティ。2018年に三菱地所株式会社が始動した「丸の内15丁目PROJECT.」の情報発信を行うバーチャルタウンとしてオープン。2021年2月には、よりインタラクティブにコミュニケーションできるコミュニティサイトとして、リニューアルオープンしました。

共にコミュニティを盛り上げるアンバサダーとともに”住民”(=会員)目線のコンテンツクリエーションを目指しています。オンラインでは座談会やライブなど、オフラインでは丸の内でのリアルイベント、などオンラインとオフライン両面でラグビーファンのエンゲージメントを高めています。当コミュニティの町長は、慶應義塾大学蹴球部100周年の主将を務めた三菱地所の高田 晋作氏。
https://marunouchi15.com

▼イーライフによる事例紹介「丸の内15丁目PROJECT.」
https://www.elife.co.jp/works/works-1631/

▼株式会社イーライフ
URL:https://www.elife.co.jp/
イーライフは、創業以来、消費財メーカーから大手小売りなど業界の垣根を超え、様々な角度から企業とパートナーである消費者を繋ぐ対話型マーケティングを実現し続けてきました。コミュニティマーケティングの先駆者として、企業と消費者パートナーとの対話と協業を実践するPRM(Partner Relation Management)の全体戦略の立案から運営支援、プラットフォーム開発など、企業のマーケティング活動に還元する仕組みを構築・運用しています。

同コミュニティは、当社の統合デジタル・マーケティング・プラットフォーム「eLife Community Suite(コミュニティスイート)」を採用しています。

代表取締役CEO:藤原 誠一郎
設立 :1999年9月
資本金:4.2億円(資本剰余金含む)
社員 :56名 その他 SOHOスタッフ約1,300名(2021年5月現在)
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-1 シアターウェスト2階

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top