エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

【2021年11月号】厳選ピックアップ!注目まち時事ネタ

エリマネこ編集部がオススメする最新のまち時事ネタをご紹介! 業界動向が知りたい、事業のヒントにしたい等々、ぜひご活用ください!


▶︎ 小田急電鉄、箱根で観光型MaaS開始 サブスクサービスも対応予定 (LIGARE 2021年09月24日)
▶︎ 地域交通事業者が連携し、10月よりMaaS実証実験を開始 周遊パスで京都府・亀岡の観光スポットをネットワーク化 (PR TIMES 2021年10月01日)
▶︎ グリーンスローモビリティを活用し、東京都港区の交通課題の解決を目指した実証実験を実施~オンデマンドと定期運行で、都心区における旅行者・居住者向けのマイクロツーリズムを促進~ (JIJI.COM 2021年10月28日)
COMMENT

新型コロナウイルス感染症の流行によって注目されている “マイクロツーリズム” とMaaSを組み合わせたサービス/実証実験が各地で行われています。エリア内の公共交通機関をシームレスに繋ぐことで移動の利便性を高めていくMaaSと、同じくエリア内の在来者をメインの観光客として据えるマイクロツーリズムでは相性の良さが伺えます。事例も増えていることから、今後の動きに注目していきたいところです。


▶︎ スマートシティ11分野の最新トレンド。都市交通やMaaS、自治体行政のスマート化に注目 (TECHBLITZ 2021年09月30日)
▶︎ 住民のニーズや地域の課題を起点に 100年後も愛されるスマートシティを (GLOBE+ 2021年10月03日)
COMMENT

スマートシティと言うと、たとえばトヨタのウーブンシティのような大規模開発が連想される一方、世界を見渡してみると様々な切り口の取り組みを見つけることができます。上述のMaaSについても多くの国や企業が参入していますし、日本企業による海外への展開事例も見ることができます。いずれにせよ、実際にそのエリアに暮らす人々にどのように受け入れられるかと共に、手段ありきではない課題解決の姿勢が大事になってくるのではないでしょうか。


▶︎ 街なかどんどん“キャッシュレス化” 山形・マネジメント協、端末無料貸し出し (山形新聞 2021年10月03日)
COMMENT

エリアマネジメント団体による、いわゆる “DX化” 事例として注目できます。山形エリアマネジメント協議会が主体となって取り組んでいる本事例ですが、この取り組みを通じて将来的には地域電子マネーやポイントの導入を構想しているようです。エリアを俯瞰できる立場だからこそ可能なアプローチの一つではないでしょうか。

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top