エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[エリアその他]地域防災力の向上を目指し、バーチャルリアリティ技術等を使用した”体験型防災訓練”を赤坂エリアで実施。延べ3,100名が参加

新日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:永井 幹人)と赤坂インターシティマネジメント株式会社は、11月9日(金)~15日(木)の「平成30年秋の火災予防運動」に合わせ、11月12日(月)、下記の通り「赤坂体験型防災訓練」を実施いたしました。
今回の訓練は、東京消防庁赤坂消防署、港区の協力を受け、『赤坂インターシティAIR』や『赤坂インターシティ』の就業者だけでなく、地元町会住民や赤坂エリア全体の事業者・就業者・居住者と一体となり、地域防災力の向上を図ることを目的としたものです。
今回実施した各種体験型訓練は、東京消防庁VR防災体験車による最新鋭のバーチャルリアリティ技術を使用した防災体験やバーチャル消火器操作体験を実施した他、エレベーター閉じ込め体験やAED使用方法を学ぶ応急救護訓練、災害用備蓄食料の試食、赤坂消防署、港区の展示等を行いました。また地元町会である赤坂東一・二丁目町会・赤坂溜池町会との合同訓練、近隣外国人居住者を対象とした外国人向け訓練ツアーも同時に実施し、延べ3,100人を超える方々に参加いただきました。当該訓練を通して地域一人ひとりの防災意識を高め、対応能力を向上させることで、災害に強い街づくりに繋がることを期待しています。

また、平成30年秋の火災予防運動期間中、当社は下記の通り各種訓練を実施いたしました。
赤坂溜池地区に本社を置く当社は、総合的に災害対策能力向上を図り、より一層地域に貢献していきたいと考えています。

新日鉄興和不動産 総合防災訓練 各日実施訓練
11月12日 (月) 赤坂体験型防災訓練
11月13日 (火) 新日鉄興和不動産グループ BCP対策訓練
11月14日 (水) 赤坂インターシティAIR 外部帰宅困難者受け入れ訓練 (港区・赤坂青山地域協議会参加)

 

赤坂体験型防災訓練実施概要
■日  時:2018年11月12日(月)10:30~16:00

新日鉄興和不動産グループ BCP対策訓練

『赤坂インターシティAIR』 外部帰宅困難者受け入れ訓練

 

 

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース(PRTIMES)
リリース日:2018/11/27

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top