エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

「ヒロバ型創造施設 Craft Village NISHIKOYAMA」とひとり親家庭サポートチーム「hottokenine」が共同で目黒区・品川区のひとり親家庭へ食事の無償提供を開始。

従来の子ども食堂の課題を解決した、新たな支援の形をスタートさせました。

一般社団法人ほっとけないん(東京都港区、代表:笹 裕輝)が運営する、ひとり親のサポートチーム「hottokenine(ほっとけないん)」は、株式会社ピーエイ(以下、「ピーエイ」)(東京都品川区、代表取締役:加藤博敏氏)が運営する「Craft Village NISHIKOYAMA」を活用し、共同で目黒区・品川区のひとり親家庭への食事の無償提供を開始させることになりました。対象家庭との面談やサポートをhottokenine側が行い、食事の提供を「Craft Village NISHIKOYAMA」の各店舗が担当致します。

■「hottokenine」とは?

コロナ禍で経済的・精神的に不安定になったひとり親家庭に弁当を無償配達する「INGプロジェクト」を前身に「hottokenine」は発足しました。「INGプロジェクト」は、ひとり親家庭で育った代表の笹裕輝が自身の経験をもとに立ち上げ、これまでに約820家庭3万8000個の弁当を配達してきました。多くのひとり親から感謝の言葉をいただいたほか、著名人含む多くの支援者に恵まれ、活動を拡大しています。

INGプロジェクトで浮き彫りになった課題を踏まえ、2020年11月、「hottokenine」としてリニューアル。新たに現在の状況からの「卒業」をテーマに取り入れ、対象家庭と話し合った「卒業」までの期間、隔週でお弁当を無償で届ける活動を行い、ひとり親が自身の力で困窮した状況から抜け出し、自立できるようサポートする活動を行っています。

■「Craft Village NISHIKOYAMA」とは

「Craft Village NISHIKOYAMA」は、ピーエイグループが、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と共同での地域まちづくり支援事業として、東京都下東急目黒線西小山駅前においてこれまでの経験で培ったノウハウ、地域の方々との強固なネットワークを活かし、クラフト(Craft)、サステナブル(Sustainable)、コミュニティ(Community)をキーワードに、持続可能な発展のハブとなることを目指して建設した新しい、そしてwith コロナ、after コロナの時代にも対応した商業施設です。

「Craft Village NISHIKOYAMA」は、「大量生産ではない安全でこだわりをもったモノ」をもつ実力と個性を兼ね備えた飲食テナントが並び、植栽が絡むパーゴラを配した開放感あふれる客席、芝生を配したオープンスペース、二階には、屋根のないウッドデッキテラスに、随所にテントを配するなど、いままでにない自由な空間を提供しています。

■共同プロジェクトの枠組みについて

日時:2021年8月3日より開始
対象:東京都目黒区・品川区のひとり親家庭
内容:
費用はスポンサー企業様がご負担
対象家庭の面談や管理、サポートはhottokenineが担当
対象家庭には月に家庭人数分の12日分のチケットを配布
食事の提供はクラフトヴィレッジ西小山の各店舗が担当
食事に掛かる費用はhottokenineから各飲食店に1食500円で支払い

■プロジェクトの特徴について

このCraft Village NISHIKOYAMAを活用した形は従来の子ども食堂の課題を多く解決する新しいモデルとなっています。

[子ども食堂の抱える課題]

・開催日数の少なさ

  地域の有志を中心にボランティアで運営しているため、資金が潤沢ではなく、開催頻度が月2~3回程度と
  少なく、対象家庭に与えるインパクトが小さい

・思春期の子供が、子ども食堂に行きたがらない

  どうしても「子ども食堂=困窮している子供が行く所」的なイメージが強く、対象家庭の思春期を
  迎えた子供が行きたがらないケースが存在する

・開催の場所の確保

   飲食店で行う場合…通常営業も行うため、時間帯の被りや席数が足りない等の不都合が生じやすい

   飲食店以外で行う場合…場所の確保や、調理器具や食材等の準備が大変である

上記の課題を全てクリアにできるのがこのプロジェクトです。

費用をスポンサー企業様のご負担の元、飲食店をベースにするからこそ毎日の食事提供が可能です。いつでもその場所で食事を取ることも、テイクアウトすることも可能です。また大きな売上に繋がらない対象家庭への食事提供でも、共有スペースが多くあるCraft Village NISHIKOYAMAだからこそ飲食店側の負担にもなりません。そして何よりも飲食店集合体でありお洒落なスポットであるため「子ども食堂感」を排除でき、対象家庭が利用しやすくなっています。今後は利用出来る対象家庭を増やし、より多くのひとり親家庭のサポートを目指します。

■株式会社ピーエイについて

私たちピーエイグループは全国の個性ある地域の活性化こそ真の日本の活性化であるという考え方のもと「地域に人が集い、賑わい、地域の人が元気になる」様々な地域活性化事業を展開しています。

地域の会社に良き人材が集まるように、様々なメディアを使った求人メディア事業や人材派遣、人材紹介等などの人材関連事業を、女性の社会進出の支援の為の保育事業を、さらに少子高齢化に伴う人不足を補う為の外国人材活用の人材事業や地域と海外販路を結びつける事業、さらに地域の遊休資産を再生して地域活性化のプラットホームに再生する事業は「クラフト」「サステナブル」「コミュニティ」をキーワードに展開しています。

・所在地:東京都品川区西五反田3-7-14 三信ビル 3F       

・取引先金融機関:三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行

・代表者:加藤 博敏

・設立:昭和61年6月

・東証2部上場

・URL:https://www.pa-co-ltd.co.jp/

■hotttokenine(ほっとけないん)について

社名:一般社団法人ほっとけないん

住所:東京都港区西麻布2-13-8 201号

電話番号:03-6434-0859 (運営店舗 六本木Noza Caza)

メールアドレス:info@hottokenine.jp

受付時間:10時~21時

hottokenine 公式HP

https://hottokenine.jp/

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top