エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[エリア開発]年間100本のイベント等の開催を予定、オープンキッチン・ラウンジ・工房を備えたコミュニティスペース、リビタが運営

商業施設内コミュニケーションスペース「マチノマノマ」の運営を11月1日(木)より開始

株式会社リビタ(所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:川島 純一)は三菱商事都市開発株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:糸川 裕樹)が開発する11月1日開業の商業施設「マチノマ大森」(東京都大田区大森西)内にて、コミュニケーションスペース「マチノマノマ」の運営を開始します。

 

「マチノマ大森」は三菱商事都市開発が、従来の商業施設が提供する買い物やサービスなどの生活利便機能と地域コミュニティー創出機能を併せ持った、街における人々の暮らしの中心となる商業施設として新たに創設したシリーズブランド第1号施設です。この度リビタは、地域コミュニティー創出機能の実現のため、これまで「BUKATSUDO(読み:ぶかつどう)」をはじめ様々な施設運営を通し培った「コミュニケーションマネジメント」「コンテンツ企画・運営」「集客・プロモーション企画」等のノウハウを活かし、当スペースの企画・運営を実施してまいります。 「マチノマノマ」はオープンキッチンとラウンジを備えた、どなたでも利用が可能なスペースです。プロの料理人を招いた料理教室や、地元大田区の「ものづくり」に触れられるワークショップ、暮らしを豊かにするさまざまな講座など、年間100本ほどのイベント・コンテンツの開催・運営を予定しています。また、キッチンやラウンジはレンタルスペースとして貸し出しを実施。食材を持ち込んでのホームパーティ開催や、地域の集まりの場としての利用も可能です。各種工具やミシンを備えた工房では、工作やDIYを楽しむこともできます。

また、イベントを通じて地域と利用者の接点となるほか、入居する各店舗とも連携を図り、「マチノマノマ」を起点とした買い回りなど商業施設としてのマーケティングや販売促進へ貢献することも目指しています。

公式ホームページ: machinoma-noma.jp

【施設概要】

施設名:マチノマノマ
所在地:東京都大田区大森西三丁目1番38号 マチノマ大森3階
アクセス:JR京浜東北線大森駅よりバス約10分、京急本線大森町駅より徒歩約10分
開業:2018年11月1日
区画面積:155㎡(47坪)

【事業関係者】
事業主   :三菱商事都市開発株式会社
企画運営  :株式会社リビタ
設計デザイン:スタジオニコ
施工    :株式会社礎コラム
グラフィック:株式会社studio mufufu

【11月予定イベント】
◇みんなで作って食べよう!餃子の会
餃子の「餃」という字は食べて交わる、と書きます。
おひとりでも、ファミリーでも、老若男女だれでもがフラットに集まって、作りながら、食べながら交流するイベント、餃子の会を開催します。
日時:11/3(土・祝)13:00~16:00
参加費(一般):1,000円(税込)

◇ナカムラクニオの金継ワークショップ
「金継ぎ」とは、割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、継ぎ目を金や銀などで飾る修理法のこと。修理後の継ぎ目を「景色」と見立てて楽しむのが特徴です。
つくろいの文化を学びながら、想い出の器を気軽に直してみませんか?
日時:11/7(水)13:00~16:00
参加費(一般):1,000円(税込)

◇プレゼントラッピングワークショップ
1メートルから印刷できるオリジナルテープ&リボンプリンター「TAPE CREATOR」で作るテープ&リボンを使ったラッピングワークショップ。小さなFABマシーンを使って、ものづくりの楽しさに触れてみませんか?
日時:11/23(金・祝)13:00~16:00
参加費(一般):1,000円(税込)

◇マチノマノマ料理教室(店舗連携イベント)
旬の食材を使った料理教室を開催します。食材の保存方法やオススメの調理方法などが学べる料理教室です。旬の食材をたっぷりと取り入れて、季節感あふれる食卓を楽しみましょう◎また、今後もマチノマの他店舗とも連携し、本施設ならではの料理教室を企画してまいります。
日時:11/25(日)13:00~16:00
参加費(一般):1,000円(税込)

⇒その他、多数のイベント・ワークショップを開催予定です。
詳細・参加申し込みはホームページをご参照ください。

【プレス関係者内覧会について】
プレス関係者内覧会は10月29日(月)に開催いたします。詳細はお問い合わせください。

【マチノマについて】
「マチノマ」は三菱商事都市開発株式会社が創設した商業施設のシリーズブランド名です。

「マチノマ」ブランドのコンセプト
 MACHINOMA(マチノマ/街の「間」)
自分らしい時間を過ごす。仲間と楽しむ。現代の「ヨロズヤ+チャノマ」

社会の変化やITの進化などを背景に、家・職場・学校・店舗などこれまで個々の建物で行われていた機能や活動が「街」のなかへと広がっています。「マチノマ」は、このように街のなかににじみ出した『食べる・買い物をする・学ぶ・遊ぶ・働く・会話を楽しむ・モノを作る・考え事をする・運動をする』など、毎日の暮らしに身近で多様な活動を受け止め、一人でも、家族や仲間と一緒でも、それぞれに応じた楽しみ方・心地良く過ごせる場所を提供する、かつての地域コミュニティーの中心であった「萬屋(よろずや)」と人々の暮らしの中心であった「茶の間」が融合した、現代の暮らしの中心であり地域コミュニティーを創出する商業施設です。

 

【株式会社リビタについて】

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として2005年に設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設、シェアスペースの企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。
近年では、東京内神田のシェア型複合施設「the C」を地方自治体の移住相談窓口としてや東京事務所としての活用を図ること、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」で展開する講座・部活等のコンテンツを通した地方との関係人口創出など地方と連携した事業展開も多くなっています。また、日野市産業連携センター「PlanT」では、市民が地域のものづくり企業の工場へ実際に足を運び、見て学ぶ経験(工場見学)、そしてワークショップを通して製品に自ら触れる機会(ものづくりワークショップ)やアイデアソンを実施し、参加者と企業が、技術やサービスの新たな活用法を考えていくプロジェクトを展開。
リビタがこれまで様々な場で蓄積してきた「コンテンツ企画・運営」「集客・プロモーション企画」「コミュニケーションマネジメント」等のノウハウを活かしながら、地域の場を基点に、街やその地域のプレイヤーと連携し、地域活性化、関係人口創出へとつなげていく事業を展開しています。
この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top