エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

講演会『新豊洲、水辺の魅力と可能性』2019年9月11日(水)開催!水辺総研 岩本氏も登壇!

「東京の水辺」と聞いてみなさんはどこを思い浮かべますか?

お台場?隅田川?
・・・実はいま、新豊洲エリアがアツいんです!

去年は豊洲市場がオープンし、今年の夏には広大な東京湾の水辺夜景を臨む公園にて
未来型花火エンターテインメントの「STAR ISLAND」が開催された新豊洲。

水辺の第一人者である、㈱水辺総研代表の岩本氏をパネラーにお招きし、
水辺の魅力について語る会を開催します!

「水辺をよくする当事者はあなた。え、水辺って行政のものなんじゃないの?
どうやって立場を超えるか、どのような未来を描くのか。まず妄想からはじめてみよう。
その先には五感で感じる、素敵な水辺の未来が広がります。」

岩本氏と一緒に、新豊洲で水辺の未来を妄想しませんか?
みなさまのご参加お待ちしております。

【申し込みはこちら】

https://peatix.com/event/1305553/

開催概要

・日時:2019年9月11日(水) 19:30 – 21:00
・場所:東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター 1F (東京都江東区豊洲6丁目4)
・参加費:無料
・定員:70名
・申込:https://peatix.com/event/1305553/

プログラム

  1. 基調講演(45分)
    • 水辺総研代表 岩本氏
  2. トークセッション(30分):水辺のまちのポテンシャル
    • 岩本氏 × 株式会社クオル代表 栗原

パネラー

▼岩本唯史

水辺総研代表/RaasDESIGN代表/ミズベリングプロジェクトディレクター/
水辺荘共同発起人/建築家。一級建築士。国交省のミズベリングプロジェクトのディレクターを務めるほか、全国の水辺の魅力を創出する活動を行い、豊田市、和歌山市、墨田区、鉄道事業者の開発案件の水辺、エリアマネジメント組織などの水辺利活用のコンサルテーションを行う。横浜の水辺を使いこなすための会員組織、「水辺荘」の設立に参加。東京建築士会これからの建築士賞受賞(2017)、まちなか広場賞奨励賞(2017)、グッドデザイン賞金賞(ミズベリング、2018)

ナビゲーター

▼栗原知己

株式会社クオル 代表取締役/エリマネデザイナー/一級建築士。
大手ディベロッパー在職時、都心の大規模複合開発や商業施設などの企画開発・運営を担当するなかで、タウンマネジメントに従事。2005年にディベロッパーを退職後、 エリアマネジメント専門コンサルティング会社「QUOL」を設立する。エリア全体を活用したイベントやイルミネーションなどをプロデュースし「まちづくり」の新たな可能性を見出す。自らをエリマネデザイナーと称してエリアマネジメントなどを取り入れた戦略的な地域ブランディングコンサルティングを行う。

注意事項

・当日のプログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
・本イベントの様子は関係者による撮影をさせていただく場合がございます。
 撮影した内容はレポート等で利用させていただきますので、予めご了承ください。
・会場内に喫煙所はございません。喫煙は出来ませんのでご注意ください。
・会場内での食事は禁止です。食べ物の持ち込みはご遠慮ください。

お申し込み

Peatix(チケット販売サービス)よりお申し込みをお願いします。

https://peatix.com/event/1305553/

Return Top