エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[エリアその他]川崎市中原区と地域SNS”PIAZZA”が連携。行政情報の発信や住民同士の情報交換、武蔵小杉駅周辺の住民ニーズ収集しコミュニティづくりを強化

 国内主要都市で地域SNSアプリ『PIAZZA』を展開するPIAZZA(ピアッツァ)株式会社(代表取締役:矢野晃平、以下ピアッツァ)は、神奈川県川崎市中原区(区長:向坂 光浩)と再開発が進み、人口が急成長中の武蔵小杉駅周辺地域のコミュニティ強化を目指し、連携協定を締結します。『PIAZZA』を通じて行政情報の発信や住民同士の情報交換などにより地域コミュニティの活性化に取り組むほか、武蔵小杉駅周辺に住む区民のコミュニティニーズの把握、その抽出方法の確立にも『PIAZZA』を活用します。
ピアッツァにとって、行政とともに住民ニーズを収集するツールとして『PIAZZA』を活用するのは初めての試みとなります。

向坂中原区長(左)とPIAZZA(株)矢野代表取締役(右)向坂中原区長(左)とPIAZZA(株)矢野代表取締役(右)

中原区に位置する武蔵小杉駅周辺は、都市開発の加速に伴い、その利便性や環境の良さなどから住みたい街ランキングでも上位にあり、特にファミリー層の転入が増加しています。そのため中原区は、コミュニティ形成の促進に向け、様々な取り組みを推進しています。

その中で、子育て情報の発信方法やコミュニティの形成支援はもちろん、住民ニーズ・課題の可視化を実現するために、若年世帯にとって身近なSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に着目し、すでにSNSを軸としたコミュニティ運営で実績のあるピアッツァと連携を開始する協定を締結し、取り組むことになりました。

地域SNS『PIAZZA』は、武蔵小杉地域をはじめ、これまで東京都中央区勝どき・江東区豊洲・港区麻布・世田谷区二子玉川など関東を中心に子育て世帯が多く住む15のエリアで展開しています。地域密着型の運営によって、コミュニティの活性化を実現しています。

この度の連携により、中原区が発信する情報を『PIAZZA』内に配信することで、行政情報を住民に対して直接配信できるようになります。 また、区からの情報に加え「近所の遊び場」「地域のイベント」「子供用品のおさがり」など、子育てファミリー層にとって有益な情報を住民同士で交換することで、リアルな場での交流にも発展する近所のつながりを作ることができます。また、『PIAZZA』を活用して住民アンケート調査をはじめ、ニーズ把握や課題の可視化に向け相互に連携し、取り組んでまいります。

今後も中原区とピアッツァは、地域SNS『PIAZZA』を通じて武蔵小杉駅周辺地域のコミュニティ強化に取り組んでまいります。

【連携内容】
(1) 地域SNSを活用した武蔵小杉駅周辺地域におけるコミュニティニーズ及び課題の可視化
(2) 地域SNSを活用した武蔵小杉駅周辺地域におけるコミュニティの形成支援
(3) 武蔵小杉駅周辺における地域活動・子育て情報に関する区民への情報発信
(4) その他、地域コミュニティ形成に必要なこと

【今後の主な取組】
・コミュニティデザイナーによる地域情報の発信
・中原区による地域SNS 「PIAZZA」の広報協力
・PIAZZAによるコミュニティの活性化を可視化する指標「Community Value」の活用
・武蔵小杉駅周辺地域におけるコミュニティに関するニーズ収集方法の確立

【利用イメージ】

【PIAZZA武蔵小杉エリア概要】
・サービス開始日:2016年8月31日
・利用方法:以下URLよりPIAZZAアプリをダウンロード後、メールアドレスなどを登録
・PIAZZAアプリダウンロードURL:https://www.lp.piazza-life.com/areas/3

【PIAZZAサービス概要】
地域 SNS「PIAZZA」は、当該地域に住んでいる人、働いている人、行政などが登録し、情報の発信や交換などを安心・気軽にできるSNSです。勝どき・豊洲・武蔵小杉・流山をはじめとする人口流入が著しい地域で展開しており、特に子育てファミリー層から人気があります。アプリ内では、街のイベント情報、お店や病院情報の共有、モノの譲り合いなど地域密着情報を通じた積極的なコミュニケーションが繰り広げられ、現実社会のコミュニティの活性化にも貢献しています。

また、アプリのユーザー間のグラフデータに基づき、コミュニティを数値化する弊社独自のCommunity Value(CV)という指標により、今まで抽象的だった街のコミュニティを可視化し、コミュニティ形成度の管理を可能としています。(自治体では、事業KPIとして採用。また、総務省「平成30年度版 情報通信白書」掲載)

【連携している自治体・企業・団体について】
〈自治体〉
東京都:中央区、江東区、港区
神奈川県:川崎市中原区
千葉県:流山市、八千代市
神戸市:兵庫区

〈企業・団体〉
UR都市機構
みやぎ生活協同組合
認定NPO法人フローレンス
朝日新聞社

【会社概要】
商号   :PIAZZA株式会社
代表者  :代表取締役 矢野  晃平
所在地  : 〒104-0054 東京都中央区勝どき3-6-7  602
設立日  :2015年5月
ミッション:人々が支え合える街を創る
事業内容 :
・デジタルコミュニティ事業: 地域SNSアプリ「PIAZZA」の開発・運営
・リアルコミュニティ事業:勝どきの子育て支援施設「グロースリンクかちどき」を認定NPO法人フローレンスと協働運営
URL   :https://www.piazza-life.com/about

【代表プロフィール|矢野晃平】

千葉県生まれ。幼少期をオランダで過ごし、中学生で渡米。その頃に「街並みの美学」という本に出会い、はじめて「PIAZZA」=イタリアの広場という空間概念に出会う。これを機に都市設計の道を志す。カナダMcGill大学土木工学部設計科を卒業。専門は構造力学並びに都市設計。帰国後、日興シティグループ証券(現:SMBC日興証券)投資銀行本部に入社。その後、株式会社ネクソンの経営企画部へ。オンラインコミュニティを軸としたゲーム事業に携わり、2015年5月PIAZZA株式会社を設立。土木工学・都市設計、金融、オンラインコミュニティ、そしてPIAZZAへ。生涯を通じて一貫した想いを抱き続けている。
————————————————————————————–
弊社ではマスコミの方の取材を随時お受けしております。取材ご協力や、本件に関する詳しい情報をご提供させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【本件に関するお問い合わせ先】
PIAZZA株式会社:吉澤 晶子
TEL:090-6512-0625
Email: info@piazza-life.com

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース(PRTIMES)
リリース日:2018/11/27

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top