エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[にぎわいイベント]板橋区高島平の廃校が1日限りの野外映画会、校舎に映画を投影

9月8日(土曜日)板橋区高島平にある廃校 旧高島第七小学校で1日限りの野外映画館「ねぶくろシネマ」を開催。映画「SING/シング」を校舎の壁面に投影(入場無料)。
子供が騒いでも気兼ねなく親子で映画を観られる環境を作りたいと、2015年12月に東京都調布市の父親たちが始めた野外映画館「ねぶくろシネマ」。29回目は、主催の板橋区とUDCTak(アーバンデザインセンター高島平)とともに、2007年に惜しまれながら廃校になった旧高島第七小学校の校舎に映画「SING/シング」を投影して、1日限りの野外映画館を作る。参加費は無料 ※雨天中止。
※当日、会場北側の高島平緑地(旧高七小北)をメイン会場として開催される「高島平グリーンテラス 2018秋 ( https://udctak.jp/topics/425.html )との連動企画。
2018年7月21日開催「ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITE」
2018年7月21日開催「ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITE」
多摩川河川敷や野球場など日本中の遊休空間で野外上映会を開催してきた「ねぶくろシネマ」。今度は廃校となった旧高島第七小学校に再び子供達の笑顔が戻ってくるのを期待して企画。予約の必要はなく現地集合で、誰でも参加可能。ねぶくろの持ち込みは必須ではない。
当日は、潰れそうな劇場が、オーディションによって多様な音楽の才能が開花し復活していく様を描いたアニメーション「SING(シング)」を上映。映画同様に旧高七小が別の形でも再び子供達の笑顔で溢れる場所になることを願って上映作品をセレクト。
◎2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
◎2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

上映作品『SING(シング)』
バスター・ムーンが経営する“ムーン劇場”は観客が減り倒産の危機を迎えていた。なんとか劇場を立て直したいバスターはかつてない歌のオーディションを開催することに!主要候補は6名。人生を変えるチャンスを掴むため、参加者たちはそれぞれの想いを胸に劇場へ集結する…


「ねぶくろシネマ」とは、 2015年12月に調布に住む父親たちが、小さなこどもを連れてでも気兼ねなく映画を観られるようにと、多摩川河川敷に一夜限りで作った映画館。自分たちで持ってきた椅子や敷物で座席を作り、会場では声を出してもいい、立ち上がってもいいというのがルール。子ども達の感情から出る素直な言葉や笑い声が作りだすアットホームな雰囲気も「ねぶくろシネマ」の魅力。

【開催 概要】
名称: 第29回 ねぶくろシネマ@高島平 supported by Daiwa House
日程: 2018年9月8日(土)
開場: 16:30〜
上映: 18:30〜20:20
※日没の時間次第で多少時間が変わります。
※雨天の場合は中止となります。
※イベントの開催可否につきましては、ねぶくろシネマウェブサイト( http://www.nebukurocinema.com/ )をご参照ください。

作品: SING/シング(108分) ※日本語吹き替え版+日本語字幕
場所:旧高島第七小学校
住所: 〒175-0082 東京都板橋区高島平3-13-3
最寄:都営三田線「高島平」駅徒歩5分

料金: 無料(定員 約300名)
参加方法:事前申込不要、当日会場に集合
対象: どなたでも
床 : グランド/砂地
もちもの:シート、アウトドアチェア、懐中電灯
※地面が砂なので、クッションなどをお持ち頂くと快適に過ごせます。
※ねぶくろは必須ではありません。
※テントは使用禁止
※食べ物・飲み物は持ち込み可ですが、ゴミは必ず各自でお持ち帰りください。

ねぶくろシネマ 公式webサイト:http://www.nebukurocinema.com/
ねぶくろシネマ FACEBOOK:https://www.facebook.com/nebukurocinema/

主  催:板橋区
共  催:UDCTak(アーバンデザインセンター高島平)
特別協賛:大和ハウス工業株式会社 プレミスト志村三丁目
https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/tokyo/shimura/
協  賛:三菱自動車工業(予定)、エプソン販売
企画制作:ねぶくろシネマ実行委員会/パッチワークス

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top