エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

[にぎわいイベント]クリエイターとの出逢いを楽しむ”関内外OPEN!10″。道路を公園のように使い遊ぶ「道路のパークフェス」も!

アートとデザインを楽しむイベント「関内外OPEN!10」が、横浜で11月3日(土・祝)・4日(日)に行われます。今年は記念すべき10回目、道路を公園のように使い遊ぶ「道路のパークフェス」も!

 

  • 「関内外OPEN!」って!?

関内外OPEN!10は、普段は入ることのできない「ものづくり」の創作現場を訪ね、ワークショップやトークイベント、作品鑑賞等を楽しむ体験型のイベントです。ジャンルは、アート、グラフィックデザイン、建築、ファッション、映像、写真等盛り沢山。横浜の関内駅周辺に点在する複数のスタジオを回遊しながら、街とアートを同時に楽しむ、街なかのお祭りです。11月3日(土・祝)「道路のパークフェス」、11月4日(日)「オープンスタジオ」の2つが開催されいます。

関内にある“さくら通り”を中心に周辺のビルの屋上や道路を開放し、野外イベントを開催します。2日間限定、子どもから大人まで港町の気持ち良い秋空のもと、横浜のクリエイティブの“今”を満喫できるアート&デザインイベント、それが「関内外OPEN!」です。

  • 11/3 道路のパークフェス

「JR関内駅近くの道路が、もしも全部公園になったら街にどのような新しい価値や見方が生まれるだろう?」というクリエイターの想像力を形にしたのが「道路のパークフェス」。10年続く関内外OPEN!の中でも、今年で3年目を迎える企画です。
関内桜通りの車道の一角を止めて、アート、デザインなどが楽しめる野外フェスです。国内外で活躍するクリエイターたちが、誰もが気軽に参加でき楽しめる遊びを考案。子どもから大人まで、思い思いに豊かな時間を過ごせる場所をつくりだします。
会場の周辺には”防火建築帯”と呼ばれる戦後の古い建物が立ち並びます。今回、「REMIX」というテーマのもと、道路と空中、建物を一体的に見せる空間づくりをしています。普段と一変した街の姿を是非お見逃しなく!

11/4 オープンスタジオ

アーティストやデザイナー、建築家のスタジオ(仕事場)で開かれる数々のワークショップやトークショーに参加するのが、関内外OPEN!の醍醐味。プロフェッショナルの技や感性を身近に感じられる絶好の機会です。
DIYやクラフトなどを暮らしに取り入れている方が増えている中、クリエイターのアイディアに触れることで刺激を受け、自分らしいクリエイティブなライフスタイルが見つけられるはず!?
また、映画館の裏側など普段は入ることのできない場所に潜入する見学会もオススメです。

開催概要

関内外OPEN!10

日時:2018年11月3日(土・祝)、4日(日)※開始終了時間は、イベントによって異なります。
会場:馬車道、元町・中華街、関内、桜木町、石川町各駅周辺のスタジオ、関内の路上
料金:無料(一部有料)
参加スタジオ:市内で活躍するアーティスト、クリエイターのスタジオ約40拠点
主催:アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、各参加スタジオ
​お問合せ先:横浜市芸術文化振興財団 045-221-0212

●会場地図、イベント内容、タイムテーブル等、詳しくは、下記ホームページまで。
URL: http://kannaigai.yafjp.org/

この記事では[エリアマネジメント団体・企業による活動]、[にぎわいイベント]、[まちににぎわいをつくりだすエリア開発]を切り口とした最新のまち時事ネタをピックアップしています。企業情報やプレスリリースを元に、エリマネポータルが記事を作成し、配信しております。
この記事のプレスリリース

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top