エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

ウッドショック影響で建築中の全国戸建て住宅の約5割が工事遅延〜前年よりも納期の大幅遅れが頻発。今後、価格の高騰も懸念〜

天井⾼さの室内ドア専⾨メーカー神⾕コーポレーション湘南株式会社が、全国の契約⼯務店向けに ウッドショックの影響についてアンケートを実施しましたので、その結果をお伝えします。1. 調査概要
調査対象︓当社の全国契約⼯務店のうち今年6⽉に⾒積り依頼のあった⼯務店
調査期間︓2021年7⽉16⽇〜30⽇
調査⽅法︓アンケート送付
調査項⽬︓⾒積りをとった物件の発注リードタイム・ウッドショックの影響など
回答数︓247物件(82社)

2.⾒積から注⽂までのリードタイムの変化について
ウ ッドショック前のデータでは、約9割の物件が⾒積りから3か⽉以内に注⽂になっていましたが、ウッドショック後では、4 割を割るほど減少しており、ウッドショックの影響で 5 割を超える新築⼯事に遅れていることがわかります。

3.ウッドショックに関するコメント 
納期の遅れ以外にもウッドショックによる価格の⾼騰によって、今後消費者への価格に影響する可能性があります。

■納期に関するもの
・ 抱えのプレカット会社があるのでしばらくは問題ない。
・ まだ⼯事請負契約をしていない物件であるため着⼯時期未定。よって現状は影響なし。
・ 4⽉〜8⽉は通常より3割減位の上棟数しか確保できなかった。
・ 9〜10⽉に関しては上棟数の枠が増えるので、⼀時期の状況よりは良くなると思う。
・ 普段から付き合いのあるプレカット会社と協議し、年内確定物件については加⼯を引き受けてくれる。
その他、8⽉上棟分まで確保出来ているが今後の9⽉上棟分に関しては現状まだ難しい状況です。

■ 値上げに関するもの
・ 構造材をプレカット屋でなく、直接仕⼊れにした
・ 物⾃体の原価が上がっている。現時点でご契約中の案件は価格の変更はないが、10⽉以降は、状況に応じて ⾒積もりから価格変更が起こる場合もあるとお客様に説明している。
・ 材料の確保や価格の⾼騰で⼤変苦労している。
・ 材料は確保できているが、価格が上がっている
・ 今後の物件は価格を上げることで対応。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top