エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

ふるさとチョイス、自治体による新型コロナウイルス対策への支援プロジェクトで、ふるさと納税の寄付総額3億円を突破

◇参加自治体数は50自治体までに拡大◇福岡県北九州市、北海道、神奈川県鎌倉市も実施

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村 憲一)は、ふるさとチョイス「ガバメントクラウドファンディング®」において、新型コロナウイルス対策に関するプロジェクトへの参加自治体が6月5日に50自治体へ達し、本日、累計寄付金額が3億円に到達しましたのでお知らせします。

寄付金の使い道から共感を得て寄付を募る ふるさと納税の“クラウドファンディング”
ふるさとチョイスでは、多数の自治体が新型コロナウイルス対策に関する、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングのプロジェクトを公開しています。全国の自治体による新型コロナウイルス対策におけるプロジェクトへの参加自治体数は6月5日に50自治体へ達し、本日、累計寄付金額が3億円に到達しました。​

ガバメントクラウドファンディング®とは?
ガバメントクラウドファンディング(GCF)とは、ふるさとチョイスがふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディングです。自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。
 <弊社会長がGCFに掛ける想い>
 https://www.furusato-tax.jp/feature/a/furusato-choice_column-vol1

【 プロジェクト事例 】
● 福岡県北九州市 : 医療現場や深刻なダメージを受けている事業者へ北九州市応援寄付金プロジェクト「コロナに負けない、北九州の底力」
~あなたの想いがコロナと戦う人たちを支えます~

5月15日から開始した北九州市のプロジェクトは、4,868万円以上(6月8日現在)の寄付金が集まっています。

5月23日から連続して陽性者が発生するなど、北九州市では第二波が懸念されています。これ以上の感染防止の対策のために、新型コロナウイルスと最前線で戦う医療関係者の方々や、深刻なダメージを受けている事業者の方々等を応援したいという声から本プロジェクトを発足。

● 北海道:医療の現場へ
北海道ふるさと寄付金「今こそエールを北の医療へ!」~皆様の想いをカタチに変えて、地域医療を守ります~

4月24日から開始した北海道のプロジェクトは、開始わずか2日でプロジェクトの目標金額5000万円を達成し、6月8日現在では1億4430万円以上の寄付金が集まっています。

北海道の地域医療を守るため医療従事者等への支援や医療用資機材の整備などに充てるためのプロジェクトです。

● 神奈川県鎌倉市:地域の活性化に
【緊急支援】鎌倉市内経済活性化プロジェクト!鎌倉の賑わいを未来へ繋ぎたい

5月1日から開始した鎌倉市のプロジェクトは、 749万円以上(6月8日現在)の寄付金が集まっています。

新型コロナウイルスにより観光自粛のお願いをする一方で、市内飲食店や観光業の経営状況は、非常に厳しい状態となっています。落ち着いた頃、再び活気ある鎌倉となるよう市内事業者を支援するプロジェクトです。

【 寄付者の声 】

  • 育った街が大変なことになっていて心が痛みます。医療従事者の方や新型コロナウィルスと戦っている方々が一日も早く平穏な生活を送れますことを祈っております。<北九州市応援寄付金プロジェクト「コロナに負けない、北九州の底力」~あなたの想いがコロナと戦う人たちを支えます~>
  • 私も看護師です。今は教育職に就いていますが、医療の現場を気にかけつつ、持ち場での役割を果たすことで、北海道を応援しています。みんなで乗り越えていきましょう!<北海道ふるさと寄付金「今こそエールを北の医療へ!」~皆様の想いをカタチに変えて、地域医療を守ります~>
  • 毎年、あじさいの時期に訪れるのを楽しみにしていました。時期に関わらず遊びに行けるようになったら行きたいです。<【緊急支援】鎌倉市内経済活性化プロジェクト!鎌倉の賑わいを未来へ繋ぎたい>

(注)最新の寄付額は、プロジェクトページでご確認ください。

<プロジェクトページ> https://www.furusato-tax.jp/gcf/lp/gcf_corona-virus

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top