エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

地元の街がもっと好きになる!スマホアプリ「KYOUDOKO(キョウドコ)」を開発!2月1日から、地域コミュニティ活性化に関する実証実験スタート

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と株式会社小田急エージェンシー(本社:東京都新宿区 社長:高成田 潔)は、ジョージ・アンド・ショーン株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:井上 憲)と共同して、街の今を楽しみ、地元の街がもっと好きになるスマートフォンアプリ「KYOUDOKO(キョウドコ)」を開発し、2020年2月1日(土)から、小田急線経堂駅周辺で地域コミュニティ活性化に関する実証実験を開始します。

「KYOUDOKO」は、街に愛着を持つ飲食店の店主などが情報発信者(「街の人」といいます)となり、店舗のイベントや旬のメニュー情報等、リアルタイムに提供したい「キョウドコ情報」をアプリユーザーに発信するローカルコミュニティ活性化アプリです。アプリユーザーは、地域店舗のタイムリーな情報を地図上で簡単に見つけることができるほか、店舗ごとに常連(お気に入り)登録をすることで、アプリを介して店主を交えた常連同士の情報交換が可能となるなど、多様なコミュニケーションを通じた地域コミュニティの発展に寄与する機能を搭載しています。

当社では、鉄道や商業施設の運営に加えて、地域への愛着を醸成するイベントの開催など、地域コミュニティの活性化に資する施策を推進しています。KYOUDOKOは、街の特性を活かして街と人をデジタルの世界で結び付け、リアルな場での交流を生み出す「街の特性×デジタル」の取り組みです。実証実験第一弾を行う経堂駅周辺エリアは、小田急線の中でも個人経営の飲食店が多い街の特性があり、デジタルを活かしてコミュニティの活性化と街への愛着の創出を目指します。なお、本実証実験は、「街の人」としてご協力いただく16店舗によりサービスを開始し、今後の拡大に向けた検証を進めてまいります。

ローカルコミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO(キョウドコ)」を活用した経堂駅周辺における実証実験の概要は下記のとおりです。

1 実証開始日
2020年2月1日(土)
※終了時期未定

2 実証エリア 
小田急小田原線 経堂駅周辺エリア

3 実証内容 
ローカルコミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」を活用した、飲食店をはじめとした「街の人」からの発信されるキョウドコ情報によるアプリユーザーのコミュニティ活性化
以下、実証開始時点の店舗(順不同)
後藤醸造
伊酒屋toys
経堂らかん茶屋
VIBES BAR
パッポン食堂
凧 HANARE
大衆鉄板酒場ミナテラス
スペインバル トロンパ
経堂純情酒場 太陽堂
魚粋(ウオスイ)
ヤマタニ餃子店 経堂店
もつやき かりん
ビストロ酒場DANSHAQ
経堂さんぐ
逸福
串揚げ×おばちゃん割烹 経堂 ただいま

4 お問い合わせ 
本実証実験へご協力いただける店舗さまを募集しています。詳細は、以下のメールアドレスへお問い合わせください。
KYOUDOKO事務局 kyo-doko.info@odakyu-dentetsu.co.jp
(「街の人」への登録には、所定の手続きがあります)

<参考> ローカルコミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」について
1 名称 
KYOUDOKO(キョウドコ)
2 料金 
無料
※通信費は利用者負担
3 ホームページ 
https://kyoudoko.com/
4 対応OS 
iOS12.0以上
※Android版は今後開発予定(時期未定)
5 基本機能 
◆街の“今”をライブ情報配信機能「キョウドコ」で知る
・「キョウドコ」では、情報発信者である「街の人」から発信されるイベント情報を参照することで、今日立ち寄りたいお店や地域の出来事を知ることができます。
◆店主をはじめとした特定の「街の人」をフォローする
・「街の人」メニュー機能では、そのエリアで情報発信している人をリスト  表示することができ、気になる情報を発信している「街の人」をフォローすることができます。
◆常連となり、お店・常連同士と会話する
・「常連掲示板」を使って、常連同士のコミュニティ内で閉じた会話をすることができます。
・常連掲示板では「新メニューを試してもらいたい」「特別なイベントを常連の方にだけご案内」など、店主から発信される特別な情報を知ることができます。

以上

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top