エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

池袋東口グリーン大通り3箇所にベンチなどのストリートファニチャーが出現!”まちなかリビングのある日常”を広げる『IKEBUKURO LIVING LOOP』

サンシャイン劇場の舞台の木材を再利用して、ストリートにまちの人たちのリビングを。

株式会社nest(東京・池袋、代表取締役:青木純、馬場正尊)、株式会社グリップセカンド(東京・池袋、代表取締役:金子信也)、株式会社サンシャインシティ(東京・池袋、代表取締役:合場直人)、株式会社良品計画(東京・池袋、代表取締役:堂前宣夫)の4社は、池袋駅東口に位置する「グリーン大通り」の活性化を目的に活動するグリーン大通りエリアマネジメント協議会主催の”まちなかリビング”プロジェクト『IKEBUKURO LIVING LOOP(イケブクロリビングループ)(※)』を企画運営しています。プロジェクトの一環として、2021年10月16日(土)から2022年1月31日(月)までの期間、グリーン大通りの歩道沿い3箇所に、ベンチなどのストリートファニチャー(家具)を設置する社会実験を実施しています。また、2021年11月5日(金)〜7日(日)の3日間は、グリーン大通りと南池袋公園(東京都豊島区南池袋2丁目22-1)に豊島区内外から集う雑貨や飲食などの店舗が立ち並ぶマーケットを開催いたします。周辺施設とも連携し、まちなかを歩いて楽しめるプログラムを展開いたします。

 ※『IKEBUKURO LIVING LOOP(イケブクロリビングループ)』概要
池袋駅東口エリアを中心に、リビングのように居心地の良いまちなかを目指すプロジェクト。豊島区や池袋を拠点とする企業や店舗と連携し、「まちなかリビングのある日常」をコンセプトに、グリーン大通りや南池袋公園などでマーケットの開催やストリートファニチャーの常設化に向けた社会実験などを実施します。池袋のまちなかがリビングのように居心地良く、歩きたくなるまちを目指します。

IKEBUKURO LIVING LOOP概要
開催期間:2021年7月24日(土)〜2022年1月31日(日)(予定)
主催:グリーン大通りエリアマネジメント協議会
共催:豊島区
企画運営:株式会社グリップセカンド、株式会社サンシャインシティ、株式会社nest、株式会社良品計画
協力:南池袋公園をよくする会/サンシャイン劇場/合同会社伊藤維建築設計事務所/東邦レオ株式会社/株式会社HandiHouse project/WILLER EXPRESS株式会社/モクタンカン/西武池袋本店/株式会社ヤマハミュージックジャパン/ぼんぼり光環境計画株式会社/Tea Time/333DISCS
コンテンツ:
マーケット(10月2日、16日、11月5〜7日、12月18日開催)
ストリートファニチャーの設置実験 ほか
ウェブサイト:http://ikebukuropark.com/livingloop/
SNS:https://www.instagram.com/ikebukuro.living.loop/
注意事項:新型コロナウィルスの感染拡大防止や台風などの天災等によりイベント内容が変更になる場合もございます。また、行政からの緊急事態宣言やそれに類する規制等が発令された際には、中止となる場合がございます。

【ストリートファニチャー設置の社会実験】
●概要
目的:
公共空間での様々な過ごし方の創出を目指し、常設化に向けたストリートファニチャーの設置により、居心地の良いストリートを創出し、グリーン大通りの利用者層やアクティビティの変化などを調査する社会実験です。

設置期間:
2021年10月16日(土)〜2022年1月31日(月)
設置場所:
❶ 池袋ニッセイビル前(東京都豊島区東池袋1丁目24-1)
❷ あおぞら銀行前(東京都豊島区南池袋2丁目28-13)
❸ IKEBUSバス停横(東京都豊島区南池袋2丁目29-10)

 調査内容:
ファニチャー設置場所でのアクティビティ調査(利用者の行動や属性、利用時間帯など)を実施

●各ストリートファニチャーのコンセプト
南池袋公園と中池袋公園(東京都豊島区東池袋1丁目16-1)の間に位置するグリーン大通りにファニチャーを設置して、公園の雰囲気やアクティビティを連続させることで、公園同士を繋ぎ、池袋のまちなかを歩いて楽しむまちにするための日常の居場所をつくります。

❶ 池袋ニッセイビル前
『公園×つどう』
ステージの欠片のような形で、向き合って座れるベンチが点在し、1人でも複数人でも寛げる空間をつくります。点在したベンチは周囲の環境と調和し、まるで街並みのようです。ベンチを組み合わせると、イベント時にはパフォーマンスのステージに変身します。
ファニチャーに植えられている植栽はハーブやレモンなどリビングを感じられるものを選定しています。

❷ あおぞら銀行前
『公園×はたらく』
椅子や机として使える段差に、軽やかな三角形のタープが架かった空間です。周辺のオフィスワーカーが使えるように電源を設え、リモートワークの場を提供。様々な高さの植栽で、木陰で佇む気持ち良さも感じられます。

❸ IKEBUSパス停横
『公園×まつ』
様々な高さや形の小さなテーブルや椅子が、バス待ちしているようにバス停の横に並んでいます。椅子からは植物も生えています。フェンスに固定した円盤は、イベント時には一部テーブルに取り付けて天板になり、複数人での使用も可能になります。

●材料について
ストリートファニチャーの木材には、サンシャイン劇場(東京都豊島区東池袋3丁目1-4 サンシャインシティ 文化会館ビル4F)のリニューアルに伴い、破棄される予定だった舞台の板材を再利用しています。地域の人たちが寛ぐ日常の舞台へと形を変えて引き続き活用されます。
また、良品計画が販売するまな板の材を作っている高知県の株式会社土佐龍(高知県須崎市浦ノ内東分2830)から、まな板に使うことが難しい節あり・芯持ちの端材などを仕入れ、ファニチャーの一部に使用しています。

SDGsの理念に基づき、「つくる責任、つかう責任」を果たし、地域の中や日本国内の資源を循環させることで、持続可能な生産消費形態を目指しました。

●製作パートナーについて
設計:
合同会社伊藤維建築設計事務所(岐阜県岐阜市美殿町40矢沢ビル 301)
岐阜を拠点に国内外で、「Simple Hybrid」(単純さの混交)として建築・空間・街をつくる信念を軸に、人びと、コミュニティ、環境がより豊かになるべく、実践・探究を積み重ねている一級建築士事務所です。
公共空間活用の実験として、岐阜市中心市街地の大通りである金華橋通りの車道に柳ヶ瀬商店街と連続するかたちで「あそべる道路」の公園を出現させた「Yanagase PARK LINE 2020 ヤナガセパークライン」にて、8車線のうち中央分離帯を挟んだ6車線を公園化し、ベンチやテーブルなどのファニチャーを設計しました。またマテリアル・資源のネットワークと結びつく建築・空間のかたちをプロジェクトを横断して探究しており、2019年より木端材・解体材を活かした空間づくりを継続しています。
今回の取り組みでは、ファニチャーの設計から施工のサポートを担当いただいております。
https://www.tamotsuito.com

施工:
株式会社HandiHouse project(神奈川県横浜市鶴見区駒岡4-30-49)
「妄想から打ち上げまで」をキャッチコピーに、間取りのプランニングから素材選び、工事の過程まで、住まい手となる施主が参加する、ワークショップ形式の家づくりを行っている建築家集団です。
今回の取り組みでは、ファニチャーの施工を担当いただいております。
https://handihouse.jp

植栽:
東邦レオ株式会社(大阪府大阪市中央区上町1丁目1-28)
「大地の力を、都市の力に」のテーマのもと、屋上、壁面緑化などに取り組み、ハード・ソフトの両面で、「居心地の良い街づくり」を実現している企業です。
東京都豊島区北大塚に支店を構え、2018年、2019年に開催したIKEBUKURO LVING LOOPでは、グリーン大通りの一部で植栽の植え替えワークショップを行い、どんな植栽があると良いかアンケートを行うなどの実験も行いました。そこで頂いた地域のみなさんの声は、2020年のグリーン大通り再整備にも反映されています。
今回の取り組みでは、ファニチャーに設置する植栽の選定に加え、設置期間中のメンテナンスを担当いただいております。
https://www.toho-leo.co.jp

【スペシャルマーケット】
グリーン大通りや南池袋公園に屋台が並び、豊島区内や池袋沿線などからコーヒーショップやこだわりのカフェ、地域の食材を使った飲食店や地元のお母さんのクラフト雑貨、アンティークの家具や本、ワークショップの出店者が集います。屋台の間にはストリートファニチャーなどを置き、パフォーマンスや音楽演奏も行い、公共空間をリビングのような居心地の良い空間にすることで、訪れた人が通り過ぎるだけではなく、その空間に滞在したり歩いて回ったりしたくなるきっかけをつくります。

開催日時:
2021年11月5日(金)16:00〜20:00
6日(土)11:00〜20:00
7日(日)11:00〜16:00
メイン会場:グリーン大通り、南池袋公園
サブ会場:サンシャインシティ、無印良品(西武池袋本店別館1F〜2F)他
※主な会場以外の池袋周辺の店舗や施設とも連携していきます。
※情報は、随時ウェブサイトとSNSで更新していきます。

●サブ会場の内容
・サンシャインシティマルシェ
サンシャインシティ1F南3出入口付近の外側歩道部分を使って、日常の心地よい賑わいやちょっとした楽しみを見つけられる、寄り道したくなるマルシェを開催します。お菓子や雑貨の販売、キッチンカーに加え、ダンボールアートのワークショップなど、子どもから大人まで楽しめる空間をご用意します。

・無印良品のワケあり白磁食器の販売と不用となった繊維製品の回収
ワケあり商品販売:
製造工程において発生する釉薬のムラや、黒点などの理由で商品化できない白磁食器シリーズを数量限定、いまだけの価格で販売いたします。

不用となった繊維製品の回収:
長年ご愛用いただき、不用となった服やタオル、カバー類、また成長して合わなくなった子供服など無印良品の製品がお手元にあれば、いつでも無印良品の店舗にお持ちください。回収した繊維製品は、バイオエタノールなどにリサイクルしています。
また、回収した製品の一部は、染め直し加工の上、ReMUJIとして再販売をしています。

※画像はイメージとなります。
※記載内容は変更となる場合があります。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top