エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

社会実験「Marunouchi Street Park 2021 Winter」実施

本取り組み初となる冬の実施!通りの役割や季節ごとの可変性を検証、「すごそう、冬のストリート」をテーマに五感で暖かさを感じられる3つの空間が出現

 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり3団体(*1)のNPO法人大丸有エリアマネジメント協会と一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会および三菱地所株式会社は、「Marunouchi Street Park 2021 Winter」を12月1日(水)~12月25日(土)の期間に丸の内仲通りにおいて実施します。
*URL:https://marunouchi-streetpark.com

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(インフォメーションセンター)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(インフォメーションセンター)

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(グラスハウスレストラン)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(グラスハウスレストラン)

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(ファイヤーテラス)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(ファイヤーテラス)

通常時の丸の内仲通りの様子
通常時の丸の内仲通りの様子

 「Marunouchi Street Park」は、2019年からスタートした、丸の内仲通りの今後のあり方や活用方法を検証する社会実験です。これまで、丸の内仲通りに天然芝を敷いた緑あふれる公園空間を創出するなどし、通りの役割や季節ごとの可変性を探ってまいりました。今年度は「Marunouchi Street Park 2021 Spring(4月・5月)」「Marunouchi Street Park 2021 Summer(8月・9月)」に続き3回目の実施となります。年間を通して、感じる・つながる・過ごすをキーワードに空間形成を行っており、初の冬実施となる今回は、「すごそう、冬のストリート」をテーマとしています。丸の内仲通りの冬の風物詩であるイルミネーションをより楽しめる空間で、どのような形で暖を取り、外で過ごすことができるかを検証すべく、寒さを考慮した冬ならではの空間演出や、インフォメーションセンターの機能を持った仮設建築物等を設置予定です。

 また、今回は春の実施と同様に通りを訪れている人数をカウントし、混雑度MAPとして公式ホームページで公開する「密カウント」を実施。社会実験の場として挑戦し続ける大丸有エリア(大手町・丸の内・有楽町)では、本実験を通じてより歩行者に開かれた「“人”中心の道路」を目指して、様々な側面からの検証を進めていきます。

(*1)「一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(大丸有協議会)、NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会(リガーレ)、一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)」の3団体は連携して大丸有地区のまちづくりを推進しています。

  • 実施概要

【名称】
Marunouchi Street Park 2021 Winter

【実施日時】
2021年12月1日(水)~12月25日(土)
※最終日は20:00まで
※24時間車両交通規制実施の上、夜間も開放しています

【実施場所】
丸の内仲通り(丸の内ビル、丸の内二丁目ビル、丸の内パークビルブロック)
※以下地図をご参照ください。

【主催】
Marunouchi Street Park 2021 実行委員会
(NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会/一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会/三菱地所株式会社)

【後援】
千代田区(予定)

【URL】
https://marunouchi-streetpark.com

参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子
参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子

参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子
参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子

参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子
参考:「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の様子

  • 「Marunouchi Street Park 2021 Winter」の実施場所について

 下記MAPのオレンジ枠内となります。
 ❶Wonder Dining!
 ❷Wonder Lounge!
 ❸Wonder Terrace!

  • 実施内容

 「すごそう、冬のストリート」をテーマにエリアを構成し、コロナ禍における安心・安全を重視しながら、来街者に心と身体のあたたまる空間を提供します。アートや音楽を取り入れたスペースや屋外空間でのテレワーク、SDGsの考え方に基づいたプログラムの実施など、大丸有エリアのまちづくりテーマに合った要素も加えた空間づくりを行います。

<新型コロナウイルス感染症対策>
 安全に過ごしていただくため、「Marunouchi Street Park」内ではアルコール消毒の設置や、スタッフによる簡易清掃をこまめに実施します。加えて、現地スタッフの目視による来街者数カウントデータを基に、混雑度MAPを公式ホームページでリアルタイム公開します。

■「Marunouchi Street Park 2021 Winter」を構成する3つの空間について
❶丸ビル前ブロック:Wonder Dining!
 大丸有エリアを代表するホテル「ザ・ペニンシュラ東京」と「東京ステーションホテル」などによるキッチンカーが出店し、シャンデリアが飾られたプライベートハウスをイメージした「グラスハウスレストラン」や、ツリーハンモックでゆったり過ごせる「鳥の巣ツリーハウス」、炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」などで、ホットドリンクやコーヒーをお楽しみいただけます。身体と頭を動かして暖まる「ビッグチェス」など遊び心も満載のエリアです。

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(グラスハウスレストラン)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(グラスハウスレストラン)

2~3名が入れる「鳥の巣ツリーハウス」
2~3名が入れる「鳥の巣ツリーハウス」

「ビッグチェス」イメージ
「ビッグチェス」イメージ

❷丸の内二丁目ビル前ブロック:Wonder Lounge!
 音楽やアート、ストリートパフォーマンス、ワークショップなどのアクティビティが登場します。来街者によって音楽を自由に奏でられるを「ストリートピアノ」や、燃え盛る疑似炎の投函口にクリスマスカードを入れる「炎のポスト」、風よけを設置したビリヤード台で身体を動かして暖まる「ビリヤードストリート」の他、炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」などのラウンジ空間もご用意。また今回、2階建てのインフォメーションセンターが登場します。本インフォメーションセンターは、「Marunouchi Street Park」の案内場所として機能するほか、クリスマスカードやグッズの販売等も行ないます。階段を上がった2階エリアは、イルミネーションをより近くに感じられる空間となっており、フォトスポットとしてもお楽しみいただけます。
 なお、ストリートピアノのステージ台およびインフォメーションセンター内のカウンターは、いずれも「Marunouchi Street Park 2021 Summer」で、アート制作に使用された木材を再利用しています。

炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」
炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(インフォメーションセンター)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(インフォメーションセンター)

❸丸の内パークビルディング前ブロック:Wonder Terrace!
 イルミネーションをより楽しめるフォトスポットが登場。小岩井農場(岩手県)のウラジロモミを使用したクリスマスツリーが通りの真ん中に立つ他、ミラーを敷き詰めた「光の回廊」や、屋外にいても暖かい「ホットベンチ」を設置します。「Marunouchi Street Park 2021 Summer」に引き続きアーティストが期間中に制作活動を展開する「アーティスト in テラス」の傍にも色が変わる幻想的な疑似炎のテラス×ラウンジの「ファイヤーテラス」を設置します。
 なお本ブロックでは、通りにおけるプロモーションスペースとしての可能性や課題を検証するためのスペースも設けます。

「光の回廊」イメージ
「光の回廊」イメージ

「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(ファイヤーテラス)
「Marunouchi Street Park 2021 Winter」 イメージパース(ファイヤーテラス)

クリスマスツリーに使用するウラジロモミ
クリスマスツリーに使用するウラジロモミ

■「Marunouchi Street Park 2021 Winter」で体験可能なプログラム
 本社会実験では実施期間中、訪れる方が季節を感じ・つながり・すごせる、“人”中心の道路を目指して、心も身体も暖まるプログラムを多数用意しております。
※各プログラムの詳細や最新情報は公式サイトよりご確認いただけます。https://marunouchi-streetpark.com

●Let’s send a CHRISTMAS CARD !
 インフォメーションセンターでクリスマスカードを購入し、大切な方へ思いを綴り、疑似炎を施した「炎のポスト」へ投函し、来街者の温かな気持ちを共有していただくプログラムです。インフォメーションセンター2階への入場チケットを含むクリスマスカードは、障がい者支援団体等への寄付金が含まれています。
・実施日時:12月1日(水)~12月25日(土)
・販売場所:Wonder Terrace!(丸の内パークビル前ブロック)

●SOCIAL GOOD Store !
 SDGsの17のゴールの1つである「すべての人に健康と福祉を」に基づき、「Marunouchi Street Park 2021 Winter」では、障がいを持った方々も楽しめるユニバーサルな空間づくりを目指しています。今回、知的障害のある作家の作品をプロダクト化する福祉実験ユニット「ヘラルボニー」(https://www.heralbony.jp/)や、“純度100%の暗闇”をコンセプトとした視覚障害者の感性を体験できる「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(
https://did.dialogue.or.jp/)の製品をインフォメーションセンターにおいて販売します。
・実施日時:12月1日(水)~12月25日(土)
・実施場所:Wonder Lounge!(丸の内二丁目ビル前ブロック)インフォメーションセンター

●丸の内の冬遊び !
 大道芸人にフラフープやお手玉、ジャグリング等を教わりながら一緒に身体を動かす、“見て楽しい、やってあたたまる”プログラムです。
・実施日時:12月11日(土)、12日(日)12:00~/14:00~/16:00~
・実施場所:Wonder Terrace!(丸の内パークビル前ブロック)
・参加費用:無料

●MSP Illumination Tour
 「誰もがMarunouchi Street Parkを楽しめる」をテーマに、目の不自由な方のためのボランティア同伴のイルミネーションツアーを実施します。案内ガイドが近隣の駅からパーク内まで目の不自由な方を個別でご案内するウォーキングツアーとなっており、イルミネーションで彩られる約300mの丸の内仲通りを歩きながら、対話を通して楽しく体感していただけるようなプログラムです。
・実施日時:12月15日(水)、16日(木)17:30~/18:00~

●CHRISTMAS WREATH Workshop !
 丸の内パークビル内に店舗を構えるHanahiro(花弘)によるクリスマス・リース・ワークショップを実施します。好きなオーナメントを選んで、オリジナルのクリスマスリースを作ることができます。
・実施日時:未定
・実施場所:Wonder Dining!(丸ビル前ブロック)
・参加方法:電話にて要申込 ※詳細は店舗ホームページ(https://www.hanahiro-cq.jp/)参照
・参加費用:4,950円(キャンセル料あり)
※Hanahiro(花弘)プロフィール
昭和16年の創業以来、「“花”を通して、誰かの喜びを創る」という想いのもと、専門知識と高い技術力で、日本のトップフローリストとして幅広い事業を展開している。

●Wonder PERFORMANCE !
 不思議な世界の住人がストリートパークにやってきた!?マジシャンやパフォーマンスで各ブロックを盛り上げます。
・実施日時:12月24日(金)、25日(土) 時間未定
・実施場所:Wonder Dining!、Wonder Lounge!、Wonder Terrace! 各1か所

  • 【ご参考】大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり3団体について

 大手町・丸の内・有楽町地区は、公民協調によるサステイナブル・ディベロップメントを通じて、約120haのまち全域で「新しい価値」「魅力と賑わい」の創造に取り組んでいます。
 大丸有まちづくり協議会を中心に公民でまちの将来像を合意し、リガーレが賑わいや都市観光を促進、エコッツェリア協会が社会課題の解決や企業連携によるビジネス創発を具体化しています。

  • 丸の内エリアのまちづくりコンセプト:「丸の内Reデザイン」

三菱地所は、2020年以降の丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)におけるまちづくりを「丸の内NEXTステージ※」と位置付け、“人・企業が集まり交わることで新たな「価値」を生み出す舞台”を創造していきます。「丸の内Reデザイン」はその実現に向け、まちづくりのあり方から変えていくコンセプトワードです。
※始動リリース: https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec200124_marunouchinext.pdf

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(不定期)

Twitter

Return Top