エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」にて、新型コロナにより生じた社会課題を解決するプロジェクト、実証実験の詳細発表!

神奈川県とeiicon companyが運営する「ビジネスアクセラレーターかながわ」主催のプロジェクト。実証実験やインキュベーション期間を経て、社会実装・事業化を目指します。

 eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)は、同社が神奈川県より運用業務を受託している「ビジネスアクセラレーターかながわ(以下、BAK:バク)」にて実施中の、新型コロナにより生じた社会課題を解決するインキュベーションプログラム「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021(以下、本プログラム)」において、一部プロジェクトの実証実験の詳細を発表いたします。

 日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、BAKの今年度業務を神奈川県より受託。同県とともに、企画・設計・運用からPR戦略まで、BAKおよび本プログラムの運営全般を強力にサポートしてまいります。

神奈川県「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」
神奈川県「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」


■各プロジェクト実証実験の概要

●クックパッド株式会社
テーマ:日本の食卓を豊かにする「つくり手」と毎日の料理を楽しみにする
採択社:株式会社Agnavi https://agnavi.co.jp/
日 程:2021年11月15日(月)から、予定数量の販売完了まで
場 所:クックパッドマート設置場所
(詳細はクックパッドマートwebサイトをご覧ください)
内 容:
生産者と消費者をつなぐ生鮮食品 EC プラットフォーム「クックパッドマート」において、新型コロナの影響で消費が落ち込む県内9蔵元の日本酒を 180mL サイズのデザイン⽸「一合⽸」で販売することにより、多くの世代に日本酒を気軽に楽しむ機会を提供する実証事業を行う。
利用方法:
「ICHI-GO-CAN®」から購入します。駅やコンビニ等の首都圏600か所に設置された「マートステーション」に届くので、好きな時間に受け取ることができます。
※クックパッドマート受け取り場所: https://cookpad-mart.com/about/maps/stations

●藤田観光株式会社(箱根小涌園ユネッサン)
テーマ:Withコロナ時代における新たなレジャー施設への挑戦
採択社:株式会社New Ordinary https://new-ordinary.co.jp/
日 程:2021年12月10日(金)から、2022年2月28日(月)まで
場 所:箱根小涌園ユネッサンを中心とした箱根エリア周辺
内 容:
新型コロナの影響により落ち込む観光業の回復に向けて、ユーザーの趣味嗜好に合わせたオススメスポットをAIが提案するWEBサービス「NOSPOT」のテストモニターを募集し、個人に合わせた箱根の新しい回遊モデルプランを実際に体験する実証事業を行う。
参加方法:
11 月から箱根地域の関係者によるテストを行います。その後、12月から「箱根小涌園ユネッサン」のホームページにて「NOSPOT」のベータ版を公開しますので、ご希望の方に利用いただきます。

※他プロジェクトの実証実験は現在調整中です。決まり次第お知らせいたします。


■「BAK」および「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」について
 神奈川県では、県内に拠点を持つ大企業と質の高いベンチャー企業による事業連携プロジェクトの創出と、オープンイノベーションに向けたコミュニティ形成を目的として、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画いただく協議会「BAK」を運営しています(参加企業301社:2021年8月時点)。BAKでは、企業が抱える課題や実現したいテーマに基づき、大企業等とベンチャー企業のマッチングを行い、事業化に向けた支援を行っています。
 インキュベーションプログラム「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」は、2021年6月より始動。パートナー企業8社(アマノ株式会社、クックパッド株式会社、株式会社資生堂、株式会社湘南ベルマーレ、日揮ホールディングス株式会社、日産自動車株式会社、藤田観光株式会社、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社)各社より掲示された、新型コロナにより生じた社会課題の解決に取り組むベンチャー企業の公募を行いました。応募総数157件より、書類選考・プレゼンテーションなど厳選なる審査を経て、パートナー8社の募集テーマについて採択を行い、現在はプロジェクトごとに実証実験の企画・実施のフェーズに入っております。


■「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」今後の展望
 神奈川県およびBAKによる支援 ※ 、および各社とのインキュベーション、2022年2月開催の「BAK DAY(成果発表イベント)」を経て、共創による事業化を目指します。

※採択プロジェクトへの支援内容
・開発・実証に係る支援金の提供
・コンサルタントによる助言・調整
・実証実施に向けた調整
・プロモーション活動支援 など


■参考情報
県内に拠点を持つ8社と連携し、新型コロナによる課題解決に取り組むベンチャーを募集します
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/bak/2021/venture.html

オープンイノベーションプログラム“ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)”について
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f537611/bak01.html

「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)」運用業務を eiicon companyが受託 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000151.000037194.html


■eiicon company 概要
eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
名 称:eiicon company (エイコンカンパニー) https://corp.eiicon.net/
代 表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net

■運営会社
社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:5,500万円
代表者:代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務

※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Twitter

Return Top