エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

近鉄大和西大寺駅の南北自由通路の往来が可能に

4月19日から一部供用開始

●奈良から大阪・京都・橿原方面を結ぶ、奈良市内最大の交通結節点である近鉄大和西大寺駅で、2020年4月19日から南北自由通路の一部供用を開始し、南北の往来が可能となります。
●駅周辺は、駅北側に大型商業施設が、駅南側には居住エリアが広がる土地。駅と線路が横断し、歩行者は踏切やバリアフリーの対応していない地下通路を通る必要がありました。
●奈良市は平成29年11月から、近畿日本鉄道株式会社とともに南北自由通路の整備に着手。2021年3月末の工事完成を目標としています。今回予定より早く南北自由通路の整備が進み、当初予定より3ヶ月前倒しで一部供用を開始します。近鉄大和西大寺駅は、奈良市中心市街地の近鉄奈良駅と大阪、京都、橿原方面を結ぶ、観光・通勤における奈良市最大の交通結節点です。
現状、大型商業施設を有する居住エリアを駅・軌道が横断しており、南北の歩行者ルートは踏切もしくは地下通路を通行しなければなりません。
この歩行者ルートは、歩道(通路)幅が狭く、バリアフリーに対応していない状況にあり、西大寺地区の一体的な街づくりに課題がありました。

この課題解消に向け、近畿日本鉄道株式会社とともに平成29年11月から南北自由通路の整備に着手。
令和3年3月末の工事完成を目標にして現在も施工を続けています。

当初の計画では本年夏頃に南北自由通路の一部供用開始を計画していましたが、予定より早く一部通行可能な状態にできる目処が立ったので、当初計画より3ヶ月前倒しとなる4月19日から南北自由通路の一部供用を開始します。
なお、供用開始時刻は始発前の午前5時頃を予定しています。

トピックス

  •  近鉄大和西大寺駅の乗降人数は1日約48,000人(H30.11.13調査)、地下通路と踏切の歩行者は1日約2,800人(H28.12調査)となっています。
  •  南北自由通路の完成は、令和3年3月末予定です。
  •  南側駅前広場の完成は、南北自由通路の完成に合わせて令和3年3月末予定です。
  •  24時間バリアフリーで駅の北側・南側の行き来が可能になります。 
自由通路内のイメージ

自由通路内のイメージ

自由通路の概要(歩行者専用道路)
通路延長:75.5m(階段除く)
有効幅員:通路部分6m、階段部分2.4m
施設:
(北側)
階段…2箇所
エレベーター…1基
エスカレーター…1基(上り専用)
(南側)
階段…2箇所
エレベーター…1基
エスカレーター…1基(上り専用)

※一部供用開始時は、北側の階段1箇所とエスカレーターが整備中のため通行できません。
※エレベーターを利用して自転車の通行もできます。
(通路は歩行者専用で乗車は不可。押し歩きで通行してください。)

一部供用開始時の通行ルート

一部供用開始時の通行ルート

今後のスケジュール
令和2年4月19日
午前5時頃 部分開通
午前9時 開通テープカット

令和3年3月31日
南北自由通路完成予定

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top