エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

アート旅に特化した海・陸・空のマルチモーダルな観光型MaaSの共同実証実験イベントのご案内 – 瀬戸内洋上都市ビジョン協議会

scheme vergeが開発する「Horai」アプリを利用したアート旅MaaS体験会など開催

瀬戸内洋上都市ビジョン協議会2020年1月24日 13時00分

●scheme vergeが開発するアート旅MaaS「Horai」を利用
●ことでん・高松商運・JR四国・四国フェリー・高松空港など瀬戸内の交通機関と共同実証実験
●電通・穴吹興産・ANAホールディングスなど大手企業も参画・連携
●香川大学など地元の産官学民と連携したMaaS社会受容性調査も実施瀬戸内洋上都市ビジョン協議会(*)では、瀬⼾内エリアにおいて2019年8⽉1⽇から実施している「Horai」アプリを活⽤した観光型MaaS実証実験につきまして、2月15日より2月28日(予定)まで協議会参画団体による共同実証実験を行います。 
それに際し、共同実証実験イベント(実証実験説明会・アート旅MaaS体験会・ライトニングトーク&交流会)を2⽉17⽇⾼松市にて開催いたします。この機会にご参加くださいますよう、ご案内を申しあげます。

●共同実証実験イベントの概要
1.開 催 日 2020 年 2月17日(月)10:30 – 19:00
2.内 容 説明会・アート旅MaaS体験会・ライトニングトーク&交流会
3.場 所 香川県高松市・香川県島嶼部(詳細は別途ご案内予定)
4.行 程
 10:15-10:30 受付(説明会・体験会・交流会)
 10:30-11:00 実証実験説明会(サンポート高松)
 11:15-16:15 アート旅MaaS体験会(海上タクシーを活用した島アート巡りを体験)
 16:30-19:00 ライトニングトーク&交流会(「アートxMaaS」に関するトークなど予定)
 ※東京からお越しになる際は7時台⽻⽥/成⽥発便にご搭乗の上、リムジンバス等でバス停「JRホテルクレメント高松」までお越しください。当日のリムジンバスチケットは是非「Horai」アプリ上でご購入ください。

5.アート旅MaaS体験会のコンテンツ
 ・行きたいアートを選ぶだけで、海・陸・空の旅程スケジュールを提案する「Horai」アプリを利用
 ・Horaiを介した乗り合い海上タクシーでの瀬戸内クルージング体験
 ・Horaiを介した美術館やことでんリムジンバス等のNFC決済の体験
 ・手ぶら観光(手荷物配送)や高松アート旅クルーザー(Takamatsu Arts and Hotels Cruiser)など宿泊関連オンデマンドサービスの体験

6.参 加 費:1名5,000円 (ライトニングトーク&交流会のみ、説明会無料)
 ※アート旅MaaS体験会の実費については、別途Horaiアプリ(2月アップデート予定)で後日ご案内の方法でお支払いください。
 ※高松アート旅クルーザー(Takamatsu Arts and Hotels Cruiser)の乗車料金は無料です。宿泊される方はぜひご利用ください。

7.主 催  瀬戸内洋上都市ビジョン協議会(国土交通省新モビリティサービス推進事業「先行モデル事業」)

▼申し込み方法・お問い合わせ先▼
以下のフォームよりお申し込み・お問い合わせください。
フォーム:http://bit.ly/greater-setouchi-vision

お問い合わせはsetouchi[at]schemeverge.comまでメールをお願いいたします。
(担当: 瀬戸内洋上都市ビジョン協議会事務局 scheme verge株式会社 瀬戸内ブランチ内 須田、小林)

*ご参考:瀬戸内洋上都市ビジョン協議会について
〇2019年度期間:2019 年 8月1日(木)〜2020 年 2月28日(金)
 (2020年2月より大幅アップデートと共同実証実験を実施)

〇活動目的概要:
国内外の瀬戸内観光客を対象に、海・陸・空の交通機関ならびに観光事業者とAPI連携した旅程提案型MaaS「Horai」を提供する。アプリと連携先から得られたデータを分析し人工知能を用いて観光客の行動変容を促す提案を行なう。そのデータ解析から、持続的な瀬戸内観光振興に向けたまちづくりへの示唆を検討する。

〇協議会参画機関・自治体・団体・企業:
scheme verge(株)/ことでんグループ/高松商運(株)/穴吹興産(株)/(株)電通/ANAホールディングス(株)/(一社)せとうち観光推進機構/四国旅客鉄道(株)/高松空港(株)/香川県旅客船協会/四国フェリー(株)/三菱地所(株)/ソフトバンク(株)/香川大学肥塚研究室/香川大学米谷研究室/損害保険ジャパン日本興亜(株)/KPMGモビリティ研究所/(株)NTTドコモ 四国支社/公益財団法人 福武財団/国土交通省 四国運輸局/国土交通省 四国地方整備局/香川県/高松市/土庄町/小豆島町/直島町

〇本協議会における産官学民連携の取り組み:
国土交通省新モビリティサービス推進事業「先行モデル事業」に採択されたほか、内閣府スマートシティ官民連携プラットフォームに加盟しております。せとうちDMOなどせとうちの振興に関わる団体や研究機関も参画し、地元企業・住民と連携したボトムアップなMaaS・スマートシティの開発に取り組んでいます。〇Horai アプリの対応言語:⽇本語・英語・中国語


〇Horaiアプリ内で提供するサービス:経路検索、旅程提案、予約、決済、レコメンデーション


〇Horai アプリの対象交通手段(構築中含む):
フェリー・高速艇、海上タクシー、鉄道、バス(路線バス・空港リムジンバス)、タクシー、エアライン

※Horaiの開発を通じ、国土交通省・海事局「C to Seaプロジェクト」をはじめ、海事観光・離島観光に関わる皆様とも連携して海上交通・水上交通を活かしたMaaSエコシステムの形成にも取り組んでいます。



この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top