エリマネこ

まちを、エリアを楽しくするお役立ちメディア

MaaSとCASEに関わる講師28人が決定! ReVisionモビリティサミット、2月13-14日開催

「MaaSとまちづくり」「CASEをめぐる世界的潮流」「モビリティ投資とスタートアップのもたらす変革」など、モビリティ戦略を考える上で必須のテーマを、多彩な講師を迎えて議論します

次世代モビリティ分野のメディアプラットフォーム「ReVision Auto&Mobility」(運営:株式会社InBridges、東京都港区)は2月13日(木)・14日(金)、東京都内のベルサール御成門タワーにて「第4回ReVisionモビリティサミット」を開催します。業界リーダーによる講演やディスカッションだけでなく、多彩な交流機会も設け、イノベーションを生み出そうとする各企業・団体の戦略・企画・研究・開発担当者に、これからのモビリティ・ビジネス戦略を考える情報交流・人的交流の場を提供します。■■ 第4回ReVisionモビリティサミット概要 ■■

  • テーマ:「MaaSの潜在力とCASEがもたらすインパクトを見通し、次世代モビリティ・ビジネスを考える― まちづくり、世界的潮流、テクノロジー進化の視点から ―」
  • 日程:2月13日(木)9:15~19:00/2月14日(金)9:15~17:30予定
  • 会場:ベルサール御成門タワー(東京都港区芝公園1-1-1)
  • 参加:有料(カテゴリー別に分かれています)

◆◆詳細はウェブサイトをご覧ください:
https://rev-m.com/summit/

MaaSやCASEを取り巻くテクノロジーは日々、進化を遂げています。それぞれのテクノロジーがなぜ、どのような形で必要になるのか、どこに紐づいていくのかを知るためには、全体を俯瞰的な視点で捉えつつ、各種の技術要素を社会的な課題とともに一段深く、掘り下げて捉える必要があります。

ReVisionモビリティサミットは、幅広い専門家による最新アップデートとともに、日々の取り組みを新鮮な視点で見つめ直し、新しい気付きや人的ネットワークを得られる機会を提供します。今回は、これまでのサミットと同じく2日間で各種テクノロジーをカバーしながら、まちづくりや世界的な視点を加え、変化に向き合う方々の情報交流・人的交流を支援します。

◆◆業界をけん引する28名の講師が決定しています
<プログラム登壇順>

  • 清水 和夫氏(自動車ジャーナリスト/ 内閣府SIP自動走行システム推進委員会構成員)
  • 青木 宏文氏(名古屋大学 特任教授 未来社会創造機構・モビリティ社会研究所/オープンイノベーション推進室 企画戦略室長)
  • 西村 潤也氏(小田急電鉄 経営戦略部 次世代モビリティチーム 統括リーダー)
  • 内田 直之氏(日本マイクロソフト グローバル事業本部 オートモーティブ インダストリーダイレクター)
  • 村松 寿郎氏(日産自動車 コネクティドカー&サービス技術開発本部 コネクティド技術開発&サービスオペレーション部 部長 兼 AD&ADAS先行技術開発部 HDマップ開発グループ 主管)
  • 栗田 康章氏(ボッシュ システムズエンジニアリング&技術戦略部 マネージャー)
  • 山本 幸裕氏(AZAPA 事業企画本部 事業企画部長)
  • 鶴沢 宗文氏(KDDI 技術統括本部 技術企画本部 コネクティッド推進室 室長)
  • 東島 勝義氏(パナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター モビリティソリューション部 部長)
  • 菊池 新氏(ナビタイムジャパン 取締役副社長 兼 最高技術責任者)
  • 魏 嘉宏氏(DiDiモビリティジャパン 事業開発本部 本部長)
  • 福盛 雄也氏(マスターカード・ジャパン イノベーションマネジメント マネージャー)
  • リー・コールマン氏(SBD Automotive オペレーションダイレクター 兼 コネクテッドカー部門統括責任者)
  • 秋月 勇人氏(日産自動車 総合研究所 EVシステム研究所 所長)
  • 野村 高司氏(日立製作所 ライフ事業統括本部 デジタルフロント事業本部 コネクテッドカー本部 主管技師)
  • フリッツ・ファン・デル・シャーフ氏(Esri グローバルビジネスデベロップメント)
  • ユルゲン・ダウニス氏(エリクソン コネクテッドカー部門 本部長)
  • 川浦 秀之氏(住商アビーム自動車総合研究所 プリンシパル)
  • 白石 章二氏(ヤマハ発動機 フェロー 先進技術本部 NV事業統括部長)
  • 竹田 正樹氏(ヤフー データソリューション事業本部 データコラボレーション部/ 技術開発部 部長)
  • Adam Emfield氏(Cerence Senior Manager of User Experience, Head of Cerence DRIVE Lab)
  • 長縄 雄一郎氏(マツダ MDI&IT本部 CX革新チーム)
  • 野辺 継男氏(インテル 事業開発・政策推進ダイレクタ 兼 名古屋大学客員准教授)
  • 田中 大輔氏(ティアフォー 事業本部 取締役)
  • 松下 健氏(オプティマインド 代表取締役社長)
  • 須田 英太郎氏(scheme verge Chief Regional Operations Officer)
  • 有年 亮博氏(シナスタジア 代表取締役)
  • 明翫 啓一郎氏(Luup 事業統括)

※この他、行政関係者の登壇を予定しています

◆◆プログラムの詳細/タイムスケジュール:
https://rev-m.com/summit/program/

◆◆本サミットへのお申込はこちらから:
https://rev-m.com/summit/reg/

1月30日(木)まで早期割引期間となっております。自動車・モビリティ業界で、変化に向き合う方々の参加を歓迎いたしております。

前回サミットの様子(講演)

前回サミットの様子(講演)

■■■ReVision Auto&Mobilityとは■■■
ReVision Auto&Mobilityは次世代モビリティ分野のメディアプラットフォームです。変化するモビリティとテクノロジーの交点で、業界をリードする方々が時代に対応し業界を前進させる上で必要な最新情報や交流機会を、オンラインメディアやウェビナー、イベント等の形で提供いたしております。 メディアページ:https://rev-m.com/

本件お問い合わせ先:
ReVision Auto&Mobility
運営会社:株式会社InBridges
Eメールアドレス:info@rev-m.com
電話番号: 03-6403-3835

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top