エリマネポータル

エリアマネジメントやまちづくりに関する情報をお届け!

11月22日(金)に新エリア 「てんしば i:na(イーナ)」が開業! ~オープニングセレモニーを執り行いました~

近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋孝壽)は、てんしばゲートエリア「てんしば i:na(イーナ)」が完成し、本日、オープニングセレモニーを執り行い、開業しましたのでお知らせいたします。

 「てんしば i:na(イーナ)」は、「育てよう!好奇心」を基本コンセプトに、空間デザインやさまざまな仕掛けにより、動物や自然、私たちの暮らしへの興味を高める施設を目指します。

 約5,000平米の敷地に飲食施設やアクティビティ施設、動物園グッズショップ、イベント広場などを配置し、天王寺動物園と天王寺公園エントランスエリア「てんしば」を結ぶ新たなにぎわいの場として、天王寺動物園来園者の期待と余韻を醸成します。

 なお、「てんしば i:na(イーナ)」は、大阪市との協定に基づき、2019年11月22日(金)から20年間、当社が管理運営いたします。

「てんしば i:na(イーナ)」の開業により、天王寺動物園の魅力をさらに高め、「てんしば」とともに天王寺・あべのエリアのさらなるにぎわいの創出に貢献したいと考えております。

 また、2019年11月30日(土)から12月25日(水)まで、「てんしば i:na(イーナ)」の中央広場にクリスマスをイメージした装飾を設置するほか、2019年12月7日(土)、14日(土)、21日(土)の3日間、小さなお子様から大人の方まで多くの方々にお楽しみいただける、クリスマスをテーマとしたワークショップを開催します。

 さらに、2019年12月1日(日)から2020年2月17日(月)まで、「てんしば」で初開催となるアイススケートリンク「てんスケ」を実施します。約400平米のリンクにはペンギンなどの動物模型も登場し、園内のイルミネーションと合わせて冬の公園の新たなにぎわいを創出します。

 詳細については、別紙(https://www.atpress.ne.jp/releases/199422/att_199422_1.pdf)のとおりです。

この記事の詳細はこちら

最新の記事をメルマガ配信中(月1回程度)

Return Top